総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2014) > 「電波の安全性に関する説明会」を大津市で開催

報道資料

平成26年10月31日
近畿総合通信局

「電波の安全性に関する説明会」を大津市で開催

−電波のことをもっと知っていただくために−
 近畿総合通信局(局長:奥 英之(おく ひでゆき))は、一般市民の方々を対象に、電波の安全基準や健康への影響など、電波の安全性に関して、正しい知識と理解を深めていただくための説明会を大津市で開催します。
 本説明会では、最新の情報を、第一線で取り組まれている行政、工学及び医学の専門の方にわかり易く説明していただきます。

1 開催日時及び会場

日時:平成26年12月10日(水) 午後1時20分から午後4時30分まで
                            (受付開始 12時50分)
会場:大津市ふれあいプラザ 5階 大会議室
        (大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津)

2 主催

総務省近畿総合通信局

3 後援

滋賀県、大津市、近畿情報通信協議会

4 説明事項

[説明1]
 演 題:電波の安全性に関する総務省の取組
 説明者:近畿総合通信局 電波監理部長 鈴木 克昌(すずき よしまさ)
 要 旨:電波の安全性に関するWHOをはじめとする各国機関の見解、わが国 における電波防護指針、
             総務省の取組などについて説明します。

[説明2]
 演 題:電波防護指針の根拠と測り方
 説明者:独立行政法人 情報通信研究機構 
              電磁波計測研究所 電波環境研究室 研究マネージャー
       渡邊 聡一(わたなべ そういち)氏
 要 旨:電波防護指針がどのような根拠に基づいて策定されているのか、また携帯電話等が電波防護指針を
             満足していることをどのように確認しているのかについて、工学の立場からわかり易く解説します。

[説明3]
 演 題:「電波の健康リスクーWHOの見解を紹介します−」
 説明者:一般財団法人電気安全環境研究所
              電磁界情報センター所長 大久保 千代次(おおくぼ ちよじ)氏  
 要 旨:電波が人体に及ぼす健康影響について、WHOのこれまでの見解及び現在進めている総合的な
             健康リスク評価の取組等についてわかり易く解説します。

5 定 員

70名(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)

6 参加費

無料

7 申し込み方法

(定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきました。)

電子メールまたはファクシミリでお申し込みください。
(1)電子メール
 下記ア〜オの項目を記載願います。
  ア 件名「電波の安全性に関する説明会参加申込」
  イ 参加者氏名
  ウ 会社名・団体名(個人参加の場合は不要)
  エ 担当者・連絡先電話番号
  オ 電波と健康についてご質問のある方は、質問事項
        (主要なものについて、当日会場でお答えします。)
  申込先メールアドレス:kinki-kankyou/atmark/soumu.go.jp
    (迷惑メール防止のため「@」を「/atmark/」と表示しています。 メールをお送りになる際には「/atmark/」を
     「@」に置き換えてください。)

(2)ファクシミリ   
 別紙の「電波の安全性に関する説明会」のチラシの参加申込書欄に所定事項を明記して、お申し込み下さい。
 申込先FAX番号:06−6920−0612

※個人情報については、今回の説明会の参加に関する手続のみに使用し、第三者に開示・提供・預託は
  行いません。
    また、説明会終了後または中止後は直ちに廃棄します。

<参考>

「電波の安全性に関する説明会」案内チラシ・・・・・・・別紙PDF
 報道資料PDF版PDF(368KB)

連絡先
電波監理部電波利用環境課
(担当:若菜、森田)
電話:06−6942−8533

ページトップへ戻る