総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2020) > 「地域IoT実装・ICT利活用に関する事例発表会」を開催 新型コロナウイルスの感染及び拡散防止を考慮し、開催を延期します。

報道資料

令和2年2月10日
近畿総合通信局

「地域IoT実装・ICT利活用に関する事例発表会」を開催
新型コロナウイルスの感染及び拡散防止を考慮し、開催を延期します。

近畿総合通信局(局長:佐々木 祐二(ささき ゆうじ))は、近畿情報通信協議会及び近畿管内のICT関係団体と共催して「地域IoT実装・ICT利活用に関する事例発表会」を開催します。
本発表会は、地方創生に資する地域IoT実装の横展開を図る観点から、地方公共団体等における地域IoT実装の取組及び導入事例を紹介し、その実態を把握するとともに、地方公共団体等における地域の課題解決について理解を深めていただくことを目的に開催します。

1 開催日時及び場所

日時:令和2年3月9日(月)13時30分から17時00分まで(13時から受付)
新型コロナウイルスの感染及び拡散防止を考慮し、開催を延期します。
場所:國民會館12階大ホール(大阪市中央区大手前2-1-2)

2 主催

近畿総合通信局、近畿情報通信協議会

3 共催(予定)

滋賀県地域情報化推進会議、ITコンソーシアム京都、一般財団法人関西情報センター、兵庫ニューメディア推進協議会、地域ICT推進協議会、和歌山県情報化推進協議会

4 概要

(1)主催者挨拶
近畿総合通信局長 佐々木 祐二
(2)事例紹介
a 演題:災害情報混合表示システム「Alertmarker+」アラートマーカー
講師:日本無線株式会社
b 演題:視覚障害者向けスマートスピーカー音声案内システム/スマートスピーカー音声及びLINE案内システム
講師:株式会社ケーケーシー情報システム
c 演題:南アルプス市農業協同組合・南アルプス市向け果樹盗難抑止ソリューション
講師:富士通株式会社
d 演題:富山県の観光満足度を向上させるアプリ「Discover TOYAMA」の提供
講師:富士通株式会社
e 演題:AIを活用した「大津市イベント情報集約サイト」の構築・運用
講師:大津市
f  演題:新聞づくりアプリ「ことまど」
講師:株式会社神戸新聞社
g 演題:医療介護情報連携システム構築業務(兵庫県丹波市様)
講師:NECネッツエスアイ株式会社
(3)休憩
(4)特別講演
演題:持続可能な地域社会の構築に向けたSDGsへの取り組み
講師:株式会社日立システムズ 公共・社会事業グループ
主席コンサルタント 前田 みゆき 氏
(5)総務省施策説明
演題:地域IoT/ICT実装に向けた総務省の取組
講師:近畿総合通信局 情報通信部 情報通信振興課長 櫻井 隆浩

5 対象・定員

近畿情報通信協議会会員、地方公共団体、企業・団体、一般
定員100名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

6 参加費

無料

7 参加申込方法

近畿総合通信局 情報通信部 情報通信振興課に電子メールで申し込みください。
■件名:事例発表会 参加申込
■メール本文:参加者の(1)氏名、(2)所属(会社・団体名及び部署)、(3)連絡先(電話番号、電子メールアドレス)
※ 1回のメールにて複数名の連名での申込可。
■申込先メールアドレス seminar-kinki/atmark/soumu.go.jp
(迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表示しています。メールをお送りになる際には「/atmark/」を「@」に置き換えてください。)

8 個人情報の取り扱い

参加申込時にいただいた個人情報は、主催者において厳重に管理し、本発表会の運営 に関し必要な場合にのみ使用し、終了後または中止決定後は速やかに廃棄します。

連絡先
情報通信部 情報通信振興課
担当:櫻井、岩本
電話:06-6942-8520
ファクシミリ:06-6920-0609

ページトップへ戻る