総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2020) > 湖西線のトンネル内における携帯電話の利用に向けて −「電波遮へい対策事業」の補助金交付を決定−

報道資料

令和2年4月1日
近畿総合通信局

湖西線のトンネル内における携帯電話の利用に向けて
−「電波遮へい対策事業」の補助金交付を決定−

総務省は、公益社団法人移動通信基盤整備協会から交付申請のあった電波遮へい対策事業に対して、4月1日付けで補助金の交付を決定しました。
近畿総合通信局(局長:佐々木 祐二(ささき ゆうじ))管内では、本事業について、今後3箇所への支援を行い、トンネル内など電波が届きにくい場所でも携帯電話を利用出来る環境を整備することで、鉄道利用者等の利便性の向上を図るとともに、災害時などの緊急連絡手段を確保してまいります。
電波が遮へいされる鉄道・道路トンネルや医療施設内でも携帯電話等が利用できるよう、一般社団法人等が移動通信用中継施設を整備する場合に、補助金を交付するもので、財源には電波利用料が活用されています。
交付決定した下記の鉄道トンネルにおいて、事業完了後に携帯電話サービスの利用が可能になります。
【交付決定の概要】
線路名
(区間)
対象トンネル サービスを提供する事業者 総事業費
(千円)
交付決定額
(千円)
湖西線
(北小松―近江高島)
第二白髭トンネル
高島トンネル
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
273,852 91,284
湖西線
(山科―大津京)
長等山トンネル
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
443,544 147,848
<参考資料>
  • 電波遮へい対策事業の概要・・・別紙PDF

連絡先
無線通信部 陸上第一課
(担当:影山、森)
電話:06-6942-8552
ファクシミリ:06-6920-0611

ページトップへ戻る