総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2020) > 京都大学、大阪大学及び兵庫県立大学の研究開発を支援 (令和2年度研究開発課題の公募結果の公表)

報道資料

令和2年4月30日
近畿総合通信局

京都大学、大阪大学及び兵庫県立大学の研究開発を支援
(令和2年度研究開発課題の公募結果の公表)

 総務省は、戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の令和2年度研究開発課題の公募について、外部評価の結果、近畿総合通信局(局長:佐々木 祐二(ささき ゆうじ))管内から応募のあった4件の研究開発課題を採択しました。

 総務省は、情報通信分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の令和2年度社会展開指向型研究開発課題及び電波有効利用促進型研究開発課題の公募を、令和2年1月6日(月)から2月6日(木)まで実施したところ、全国の大学・民間企業等から85件の応募がありました。これらの提案について外部専門家・外部有識者による評価を実施し、その結果を踏まえて、別紙1PDFのとおり全国で20件の研究開発課題の採択を行い、近畿総合通信局管内においては、19件の応募のうち4件の研究開発課題が採択されました。
 なお、採択された4件の研究開発課題の概要は、別紙2PDFのとおりです。

(参考)
 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE※)は、情報通信技術(ICT)分野において新規性に富む研究開発課題を大学・独立行政法人・企業・地方自治体の研究機関などから広く公募し、外部有識者による選考評価の上、研究を委託する競争的資金です。これにより、未来社会における新たな価値創造、若手ICT研究者の育成、中小企業の斬新な技術の発掘、ICTの利活用による地域の活性化、国際標準獲得等を推進します。
SCOPEStrategic Information and Communications R&D Promotion Programme

〇関連報道発表[総務省本省発表]


<参考資料>
  • 令和2年度 応募件数・採択件数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・別紙1PDF
  • 令和2年度 採択課題一覧(近畿総合通信局管内)・・・・別紙2PDF

連絡先

【事業全般、社会展開指向型研究開発】
情報通信部 情報通信連携推進課
(担当:中野、雲林院)
電話:06‐6942‐8623
ファクシミリ:06−6920−0609
メール:renkei-k/atmark/soumu.go.jp

【電波有効利用促進型研究開発】
無線通信部 電波利用企画課
(担当:三宅、盛)
電話:06−6942−8543
ファクシミリ:06−6920−0611
メール:scope-kikakukinki/atmark/soumu.go.jp

(注)スパムメール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。


ページトップへ戻る