総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2020) > 41の情報通!地域のことならお任せあれ −近畿管内のコミュニティ放送局に再免許を交付−

報道資料

令和2年10月27日
近畿総合通信局

41の情報通!地域のことならお任せあれ
−近畿管内のコミュニティ放送局に再免許を交付−

 近畿総合通信局(局長:野 潔(こうの きよし))は、本年10月31日で免許の有効期間(5年間)が満了するコミュニティ放送局の再免許申請を行った放送事業者に対し、本日、11月1日付で5年間を有効期間とする免許状(再免許)を交付しました。
1 再免許を行うコミュニティ放送事業者(41者)一覧(府県別、開局順) 2 免許期間及び要請事項
(1) 免許期間
令和2年11月1日〜令和7年10月31日
(2) 主な要請事項
ア 放送番組の編集及び放送に当たっては、放送法の規定及び自ら定めた番組基準を遵守し、真実・公平な報道等を通じて我が国の健全な民主主義の発達に資するとともに、豊かな放送文化の創造に寄与する。
 また、放送の公共性、社会的責務の重要性を深く認識し、放送に携わる者の放送倫理の向上に努める。
イ 放送番組については、その制作過程を含め、人権及び児童・青少年に与える影響に十分配慮するとともに、関係法令を遵守する。
ウ 放送番組の適正を図るにあたり、放送番組審議機関の機能が一層発揮されるよう、十分な開催回数の確保に努める。
エ 非常災害時における放送の果たすべき重要な役割に鑑み、また、激甚化・頻発化する自然災害の経験を踏まえ、地方公共団体との連携、Lアラートの活用等による地域に密着した災害・防災情報等の充実を図るとともに、放送施設の安全性・信頼性の向上に努める。
(参考)
 【コミュニティ放送】
地域の活性化等に寄与することを目的として、超短波(FM)放送により、市区町村の一部の区域において、地域の話題や行政、観光、交通等の地域の需要に応えたきめ細かな情報等を提供する地域密着型メディア。これを行うコミュニティ放送局は、全国で331局[R2.10.1現在](管内41局)が運用中。

連絡先
放送部放送課
(担当:竹村、曽根原)
電話:06-6942-8566
ファクシミリ:06-6942-7622

ページトップへ戻る