総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2014) > 可搬型非常用放送設備に係る実験試験局に予備免許

報道資料

平成26年5月12日
近畿総合通信局

可搬型非常用放送設備に係る実験試験局に予備免許

 近畿総合通信局(局長:金谷 学(かなや まなぶ))は、本日、関西テレビ放送株式会社から申請のあった、実験試験局に予備免許を付与しました。
 本実験試験局は、テレビジョン放送の送信所(中継局)が被災した際に、放送の早期復旧のため関西テレビ放送株式会社が開発した可搬型の非常用放送設備について、以下の検証を行い、その有効性の確認を行うものです。

1.非常用放送設備としての有効性の確認
  テレビジョン放送の送信所(中継局)として必要とする放送区域内における電波の強度及びテレビジョン放送とし
  ての品質の確認
2.中継用固定無線回線(TTL回線)としての有効性の確認
  テレビジョン中継のための固定無線回線(TTL回線)として、上位送信所(中継局)から下位送信所(中継局)への
    伝送信号の品質の確認
3.可搬型としての設営及び回線構築の容易性等についての確認


予備免許した可搬型非常用放送設備に係る実験試験局
放送事業者名 中継局名 電波の型式、周波数及び
空中線電力
実験地域
関西テレビ放送
株式会社
KTVふくさきほうそうじっけん


KTVふくさきTTLじっけん
5M70 X7W
497.142857メガヘルツ
641.142857メガヘルツ
5ワット


5M70 X7W
617.142857メガヘネツ
641.142857メガヘルツ
5ワット
兵庫県福崎町

○ 実験試験局とは、科学若しくは技術の発展のための実験、電波の利用の効率性に関する試験又は電波の利用
    の需要に関する調査に専用する無線局

○ TTL(Transmitter to Transmitter Link)とは、テレビジョン放送の送信所(中継局)と送信所(中継局)を結び放送
    番組(放送プログラム)を伝送する固定無線回線


<参考資料>
  実験イメージ‥‥別図1、2PDF(PDF:164KB)

連絡先
近畿総合通信局 放送部放送課
担当:武藤、阪本
電話:06−6942−8566

ページトップへ戻る