総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 沖縄総合通信事務所 > 2020年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」受賞作品発表

2020年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」受賞作品発表

 2020年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」において、那覇市立松島中学校の標語が総務省沖縄総合通信事務所長賞に選出されました。



【総務省沖縄総合通信事務所長賞】(学校部門) 
 
  馬があう ネット友達 裏がある 
 

          (沖縄県那覇市立松島中学校)


 
               【沖縄版】                                    【全国版】   
「情報通信の安心安全な利用のための標語」    「情報通信の安心安全な利用のための標語」

「情報通信の安心安全な利用のための標語


  初心者を含む情報通信利用者が情報通信を安心・安全に利用するためのルールやマナー、情報セキュリティに関する意識や知識の重要性に気づき、考えるきっかけとすることを目的として標語を募集しています。
  今年度は、2019年12月1日から2020年3月8日まで (当初2月末であったが、新型コロナウィルス 感染拡大防止による一斉休校の影響から延長)、本協議会ホームページをはじめ、ハガキや電子メール、FAX等で募集し、個人部門で18,283点、学校部門で159点、合計18,442点に上る応募がありました。

 受賞作品は、 以下のとおり
 

 「2020年度 情報通信の安全な利用のための標語」受賞作品について

 https://www.fmmc.or.jp/Portals/0/images/hyogo/news/20200527/NEWS20200527.pdf


 (参考)
 情報通信における安心安全推進協議会
 (2020年度 情報通信の安心安全な利用のための標語 標語募集ページ)
  https://www.fmmc.or.jp/hyogo/

ページトップへ戻る