総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 報道資料 2014年 > 「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の 平成26年度研究開発課題の公募

報道資料

平成26年3月5日
信越総合通信局

「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」の
平成26年度研究開発課題の公募

− 信越地域におけるICTの研究開発を支援 −
 総務省は、情報通信技術分野の競争的資金制度である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE※1)」において、平成26年度から新規に実施する研究開発課題を以下のとおり公募します。
 信越総合通信局(局長 黒瀬泰平)(長野市)では、長野県内又は新潟県内の研究機関に所属する研究者からの提案を募集します。
 なお、本研究開発課題の公募は、平成26年度予算成立後、速やかに研究開発を開始できるようにするため、成立前に実施するものです。したがって、予算成立状況に応じて内容に変更があり得ることをあらかじめご了承ください。

1 公募期間

平成26年3月14日(金)から同年4月14日(月)17:00まで
(郵送の場合は、同日付必着)

2 公募を行うプログラム

 次のプログラムについて、提案を公募します。
 公募の概要及び評価の主なポイントは別紙PDFのとおりです。

戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 採択予定件数
 ICTイノベーション創出型研究開発  20件程度
 若手ICT研究者等育成型研究開発  20件程度
   電波有効利用促進型研究開発  
  ア 先進的電波有効利用型  15件程度
  イ 若手ワイヤレス研究者等育成型  5件程度
 地域ICT振興型研究開発  20件程度
 先進的通信アプリケーション開発推進型研究開発
  (平成26年度からSCOPEとして実施。)
 
  ア タイプI  1件程度
  イ タイプII  5件程度

3 平成26年度の主な変更点

(1)若手ICT研究者等育成型研究開発及び若手ワイヤレス研究者等育成型(電波有効利用促進型研究開発)
 ○若手研究者の要件の見直し

社会環境の変化を考慮し、また、競争的資金における調和を図るため、若手ICT研究者等育成型研究開発及び若手ワイヤレス研究者等育成型(電波有効利用促進型研究開発)において、若手研究者の年齢制限を原則39歳以下に緩和します。併せて、採択回数の制限を導入し、実績のある若手研究者が他のプログラムへチャレンジするよう誘導します。



(2)地域ICT振興型研究開発
 ○多段階選抜方式の適用の拡大

プレイヤーの裾野を広げ、若手研究者や中小企業の斬新な技術を発掘することを目的に、平成24年度から順次導入している多段階選抜方式を、平成26年度新規公募から地域ICT振興型研究開発に導入します。


 ○科学技術重要施策アクションプランへの対応

他府省の施策との連携により、総合科学技術会議が定める「平成26年度アクションプラン」において、「地域の特色に応じた研究開発・実用化の促進」の対象施策としてSCOPEが特定されたことを受け、関連他府省で共同選定する「地域イノベーション戦略推進地域」が策定する戦略を考慮する等、地域ICT振興型研究開発における評価基準の見直しを行います。



(3)各プログラム共通
 ○成果展開に向けた取り組みの充実

研究開発と成果展開に向けた取り組みを一体的に進めるため、研究開発成果を基に新事業に取り組むこと等を目的として、起業や知財、マーケティング等の専門家によるアドバイス等を求めることを可能とします。



※先進的通信アプリケーション開発推進型研究開発(タイプIIのフェーズI)は、本取り組みを平成25年度から実施しています。


4 応募方法

○提案要領をご確認の上、提案書作成要領に従い、提案書を作成してください。

○ICTイノベーション創出型研究開発、若手ICT研究者等育成型研究開発、電波有効利用促進型研究開発、地域ICT振興型研究開発への提案に当たっては、以下のウェブページに掲載する研究開発課題の提案要領及び提案書作成要領をご覧ください。
  (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/scope/


○先進的通信アプリケーション開発推進型研究開発への提案に当たっては、以下のウェブページに掲載する研究開発課題の提案要領、提案書作成要領をご覧ください。
  (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/network_apps.html


○応募は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)※2による電子申請を行うとともに、総務省への「提案書の提出」が必要です。SCOPEの提案書の提出先は研究代表者が所属する機関の都道府県を管轄する各総合通信局等、先進的通信アプリケーション開発推進型研究開発の提案書の提出先は総務省情報通信国際戦略局通信規格課となります。


5 その他留意事項

その他不明な点に関しては、信越総合通信局又は本件連絡先までお問い合わせください。

※1 SCOPE: Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme
※2 http://www.e-rad.go.jp/別ウィンドウで開きます

連絡先
【SCOPEについて(信越管内)】
(電波有効利用促進型研究開発以外について)
 情報通信部 情報通信振興室
 電話 026−234−9937
 E-mail: shinetsu-renkei/atmark/soumu.go.jp
 (注)スパムメール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。
 

(電波有効利用促進型研究開発について)
 無線通信部 企画調整課
 電話 026−234−9940
 E-mail: shinetsu-kikaku/atmark/soumu.go.jp
 (注)スパムメール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。
 

【先進的通信アプリケーション開発推進型研究開発について】
 総務省情報通信国際戦略局 通信規格課
 電話 03−5253−5771
 E-mail: networkapps/atmark/soumu.go.jp
 (注)スパムメール防止のため、「@」を「/atmark/」と表記しています。

ページトップへ戻る