総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 報道資料 2018年 > 5G利活用アイデアコンテスト地方選抜(一次選考)で「山岳登山者見守りシステム」を選出 〜来年1月11日(金)のコンテスト(二次選考)へ〜

報道資料

平成30年12月18日
信越総合通信局

5G利活用アイデアコンテスト地方選抜(一次選考)で「山岳登山者見守りシステム」を選出
〜来年1月11日(金)のコンテスト(二次選考)へ〜

 総務省は、第5世代移動通信システム(5G)実現による新たな市場の創出、地域社会の課題解決等に向けて、5Gの利活用アイデアを広く募集する「5G利活用アイデアコンテスト」を実施しています。
 この度、信越総合通信局(局長 川村 一郎)は、「5G利活用アイデアコンテスト地方選抜(一次選考)審査会」を開催し、同コンテスト(二次選考)に推薦するアイデアを決定しました。

1 経緯
 総務省は、「5G利活用アイデアコンテスト(二次選考)」の開催に向け、地域社会の課題解決等に向けた5G実証のアイデアを広く募集(募集期間:10月9日〜11月30日)したところ、全国で785件の応募を頂きました。
 信越地域においても53件の応募を頂き、去る12月12日(水)に開催した地方選抜(一次選考)審査会において優秀な3アイデアを選定しました。
                                                                                   
2 結果概要

(敬称略)

順位 提案件名 提案者名
第1位 山岳登山者見守りシステムにおける登山者発見・空間共有機能の実現 不破 泰
第2位 5Gで世界の扉を開く!「スラックライン」 株式会社Goolight(代表)、株式会社アソビズム、一般社団法人スラックライン推進機構
第3位 中山間地域における体験・経験型教育の実現 株式会社電算


3 今後の予定
 上記の第1位のアイデアは、平成31年1月11日(金)に総務省で開催される「5G利活用アイデアコンテスト(二次選考)」に選出します。また、その他の優秀なアイデアについても同日、コンテスト会場においてポスター展示を実施いたします。
 詳細は5G利活用アイデアコンテストHP(https://5g-contest.jp)をご確認願います。

【参考】
5G利活用アイデアコンテスト地方選抜(一次選考)審査員(別紙1PDF
第5世代移動通信システム(5G)の3つの特徴(別紙2PDF


連絡先
無線通信部企画調整課
電話 026-234-9940

ページトップへ戻る