総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東北総合通信局 > 報道資料 2022年 > 令和4年度電波利用環境保護周知啓発強化期間の実施 − 「守ろうよ!電波は大切なライフライン」 −

報道資料

令和4年5月31日
東北総合通信局

令和4年度電波利用環境保護周知啓発強化期間の実施
− 「守ろうよ!電波は大切なライフライン」 −

 東北総合通信局(局長:杉野 勲)は、「守ろうよ!電波は大切なライフライン」をキャッチフレーズに、令和4年6月1日(水)から同年6月10日(金)までを「電波利用環境保護周知啓発強化期間」として電波利用に関する周知・啓発を集中的・重点的に行います。
 さらに、6月中の1か月間は、不法・違反無線局対策を強化する期間として、良好な電波利用環境の実現を推進していきます。
 電波の利用に際しては、電波法に基づく免許又は登録を受け、法令で定められた運用方法や技術基準等を守る必要があります。
 これらのルールを守らないと重要無線通信(航空管制、警察、消防、海上保安、電気通信事業等)等に混信や妨害を与え、航空機や船舶の安全な運航に支障が生じる、携帯電話がつながらない、等社会的に悪影響が生じます。
 本強化期間は、電波の正しい利用について広く一般の皆様に御理解いただき、良好な電波利用環境を確保することを目的としています。

1.電波利用環境保護周知啓発強化期間

(1) 電波利用環境保護周知啓発用ポスター(別紙)等を、東北管内の地方公共団体や公共工事現場事務所等の協力を得て、各地の公共施設に掲示していただきます。
(2) 東北管内の地方公共団体や関係団体の協力を得て、広報誌等に電波利用環境保護に関する周知・啓発の記事を掲載していただきます。

2.不法・違反無線局対策強化月間

(1) 期間中、監視体制を強化し、電波監視システム(DEURAS)※を使用して、不法・違反無線局の出現状況を把握します。
(2) 把握した不法・違反無線局に対して、規正用無線局を積極的に活用し是正を図るほか、行政指導及び無線従事者の従事停止等の行政処分により措置します。
  また、組織的等の悪質な事案については、司法警察員への告発を行い厳正に対処します。

※ 電波監視システム(DEURAS)の概要別ウィンドウで開きます

連絡先
東北総合通信局
電波監理部電波利用環境課
TEL 022-221-0676

ページトップへ戻る