調査結果の活用

 産業連関表の結果は、産業連関表そのものから対象年次の産業構造や産業部門間の相互関係など経済の構造を総合的に把握することができるほか、
 ・ 経済波及効果の測定
 ・ 経済構造等の各種分析
 ・ 各種経済統計における基準値
など、行政機関やシンクタンク、研究者によって、様々に活用されています。

参考(出典:平成17年(2005年)産業連関表総合解説編(平成21年3月総務省編))

都道府県等における産業連関分析実施状況

ページトップへ戻る