総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「放送用周波数の活用方策に関する検討分科会」 V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ及び意見募集結果の公表

報道資料

平成31年4月26日

「放送用周波数の活用方策に関する検討分科会」
V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ及び意見募集結果の公表

 総務省は、「放送用周波数の活用方策に関する検討分科会(分科会長:伊東晋 東京理科大学 理工学部 電気電子情報工学科 嘱託教授)」においてとりまとめられた「V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ(案)」について、平成31年4月2日(火)から同年4月22日(月)までの間、意見募集を行ったところ、7件の意見の提出がありました。ついては、意見募集の結果とともに「V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ」がとりまとめられたことから公表をします。

1 経緯

 総務省では、放送用に割り当てられている周波数の有効活用等の観点から、放送大学の地上放送跡地及びV-High帯域の活用方策等について検討を行うため、「放送を巡る諸課題に関する検討会(座長:多賀谷一照 千葉大学名誉教授)」の下で「放送用周波数の活用方策に関する検討分科会」を開催しています。
 同分科会において「V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ(案)」がとりまとめられたことから、平成31年4月2日(火)から同年4月22日(月)までの間、意見募集を行ったところ、7件の意見の提出がありました。
 その結果を踏まえ、「V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ」がとりまとめられましたので、意見募集の結果とともに公表します。
 

2 公表資料

3 資料の入手方法

 公表資料については、以下の連絡先において閲覧に供するとともに、総務省のホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄に、本日(4月26日(金))14時を目途に掲載します。また、電子政府の総合窓口[e-Gov](https://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄にも掲載します。

<関係資料>

○VHF帯(207.5〜222MHz)の利用に係る調査等の実施結果の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu07_02000148.html
○VHF帯(207.5〜222MHz)の利用に係る提案募集(第2回)の実施結果の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu07_02000159.html
○放送用周波数の活用方策に関する検討分科会(第5回)配布資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/housou_kadai/02ryutsu08_04000342.html
○放送用周波数の活用方策に関する検討分科会 V-High帯域の活用方策に関する取りまとめ(案)についての意見募集
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu08_02000203.html
連絡先
情報流通行政局 放送技術課
 担当:篠澤補佐、山川係長
 電話:03-5253-5787(直通)

情報流通行政局 放送政策課
 担当:佐藤補佐、松元係長
 電話:03-5253-5776(直通)

ページトップへ戻る