総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > 報道資料 2015年 > 災害に向けてのラジオの強靭化、難聴対策を支援します。 −地上基幹放送ネットワーク整備事業及び民放ラジオ難聴解消支援事業の交付を決定−

報道資料

平成27年5月20日
九州総合通信局

災害に向けてのラジオの強靭化、難聴対策を支援します。
−地上基幹放送ネットワーク整備事業及び民放ラジオ難聴解消支援事業の交付を決定−

 総務省は、本日、平成27年度予算による「地域公共ネットワーク等強じん化事業費補助金(地上基幹放送ネットワーク整備事業)」及び「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付決定を行い、九州管内では以下の10事業が実施されます。

【交付決定の概要】


1 平成27年度「地域公共ネットワーク等強じん化事業費補助金(地上基幹放送ネットワーク整備事業)」 
 
団体名 事業費
(千円)
補助金額
(千円)
事業概要
鹿児島県肝付町 12,958 6,479 (特定非営利活動法人)きもつきコミュニティ放送所属のコミュニティエフエム放送局3局の予備送信設備の整備
 
○「地域公共ネットワーク等強じん化事業費補助金(地上基幹放送ネットワーク整備事業)」
被災情報や避難情報など、国民の生命・財産の確保に不可欠な情報を確実に提供するため、予備送信設備、災害対策補完送信所、緊急地震速報設備等の整備を行う民間放送事業者等に対し、その整備費用の一部を補助する事業。
  
 
<関連報道資料> 
「地域公共ネットワーク等強じん化事業費補助金(放送ネットワーク整備支援事業)」に係る提案の公募(平成27年1月15日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000110.html
 
2 平成27年度「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」
 
団体名 事業費
(千円)
補助金額
(千円)
事業概要
RKB毎日放送株式会社 自局の災害対策、都市型難聴解消等のために、AMラジオのFM補完中継局※1を県内に4か所を整備
106,395 53,197 福岡県那珂川町内に整備
119,164 59,582 北九州市内に整備
41,923 20,961 糸島市内に整備
36,865 18,432 福岡県香春町内に整備
九州朝日放送株式会社 自局の災害対策、都市型難聴解消等のために、AMラジオのFM補完中継局※1を県内に4か所を整備
117,857 58,928 福岡県那珂川町内に整備
120,597 60,298 北九州市内に整備
41,923 20,961 糸島市内に整備
36,865 18,432 福岡県香春町内に整備
株式会社熊本放送 107,163 53,581 都市型難聴解消等のために、AMラジオのFM補完中継局※1を熊本市内に整備

○ 無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)
国民生活に密着した情報や災害時における生命・財産の確保に必要な情報の提供を確保するため、ラジオの難聴解消のための中継局整備を支援する事業。
 
※1 FM補完中継局は、中波(AM)放送局を補完するために開設される放送局です。これまでは外国波混信対策を目的として認められてきましたが、地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数のうち90〜95MHz(メガヘルツ)を活用して災害対策又は難聴対策(都市型難聴対策、外国波混信対策又は地理的・地形的難聴対策)の目的でも開設できるようになりました。


<関連報道資料>
「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)に係る提案の公募」(平成27年1月15日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000111.html

 

連絡先
放送部放送課 096-326-7871

ページトップへ戻る