総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 報道資料一覧(2020年) > JR東海道本線とJR中央本線の8トンネルで携帯電話が使えるように <令和2年度電波遮へい対策事業の補助金交付を決定>

報道資料

令和2年6月12日
東海総合通信局

JR東海道本線とJR中央本線の8トンネルで携帯電話が使えるように
<令和2年度電波遮へい対策事業の補助金交付を決定>

 総務省は令和2年6月5日、公益社団法人移動通信基盤整備協会に対して、「令和2年度電波遮へい対策事業」の補助金交付を決定しました。  
 本事業が完了した際には、これまで携帯電話のサービスエリア外であったJR東海道本線の静岡県菊川駅から函南駅間の5トンネル(牧の原トンネル、新牧の原トンネル、石部トンネル、谷田トンネル、観音松トンネル)とJR中央本線の愛知県定光寺駅から岐阜県多治見駅間の3トンネル(愛岐トンネル、諏訪トンネル、廿原トンネル)で携帯電話が使用できるようになります。
 同協会は、令和3年3月末のサービス開始に向けて準備を進める予定としています。

連絡先
東海総合通信局 陸上課
電話:052−971−9618

ページトップへ戻る