総務省トップ > 組織案内 > 政策統括官(統計基準担当) > 平成29年度「統計の日」の標語決定

平成29年度「統計の日」の標語決定

 総務省では、統計の重要性に対する関心と理解を深め、統計調査に対する国民の皆様のより一層の協力を頂けるようにと定めた「統計の日」(10月18日。昭和48年7月3日閣議了解)の周知を図るため、毎年「統計の日」のポスターを始めとする広報媒体に活用すべく標語を募集しています。
 今年も募集を行ったところ10,517作品の応募があり、数次にわたる審査を経て、最終審査の各府省統計主管部局長等会議において、次のとおり『統計が 教えてくれる 地域力』を特選としたほか、併せて佳作5作品を決定いたしました。

平成29年度「統計の日」標語 入選作品

特選

  (統計調査員の部)
  『統計が 教えてくれる 地域力』          (滋賀県守山市統計調査員 近松 清司)
 

佳作

  (小学生の部)
  『そうなんだ!くらべてしらべて大はっけん』    (茨城県桜川市立雨引小学校2年 西村 幸介)

  (中学生の部)
  『統計で 今と向き合い 変える未来(あす)』       (青森県むつ市立むつ中学校2年 田中 望友)

  (高校生の部)
  『統計は ひと目で分かる みんなの声』     (宮崎県立延岡青朋高等学校2年 岩ア 涼)

  (一般の部)
  『積み上げた 統計データは 宝箱』        (山形県東根市 安達 昇)

  (公務員の部)
  『見えてます 数値の変化で 社会の変化』   (都道府県職員 吉岡 浩幸)
(敬称略、学年は平成29年6月現在)
 

「統計の日」とは

 「統計の日」(10月18日)は、国民の皆様に、統計の重要性に対する関心と理解を深めていただくとともに、統計調査に対しより一層の協力を頂くため、 昭和48年7月3日の閣議了解によって定められたものです。
 この10月18日とは、我が国最初の近代的統計である「府県物産表」(注)に関する太政官布告が公布された日 (明治3年9月24日)を太陽暦に換算した日です。

(注)「府県物産表」は、明治政府(民部省)が各府県に対して、それぞれの区域内の農林水産物と鉱工業生産物のすべての生産高をもらさず報告するよう求めて作成した統計であり、 我が国の統計の発展過程で重要な役割を果たしたものです。

お問い合わせ

総務省政策統括官(統計基準担当)付 統計企画管理官付 普及指導担当
TEL:03-5273-1144(直通)
FAX:03-5273-1181
MAIL:s-shidou_atmark_soumu.go.jp(「@」に置き換えてください)

ページトップへ戻る

政策統括官(統計基準担当)
サイドナビここから
サイドナビここまで