総務省トップ > 組織案内 > 政策統括官(統計制度担当) > 令和2年度「統計の日」の標語決定

令和2年度「統計の日」の標語決定

 総務省では、統計の重要性に対する関心と理解を深め、統計調査に対する国民の皆様のより一層の協力を頂けるようにと定めた「統計の日」(毎年10月18日。昭和48年7月3日閣議了解)の周知を図るため、毎年「統計の日」のポスターを始めとする広報媒体に活用するため標語を募集しています。
 今年も募集を行ったところ、5,566作品の多数の応募をいただきました。応募作品について学識経験者及び統計教育関係者等による審査の結果、次のとおり『統計調査 1人1人の協力ありがとう』を特選としたほか、併せて佳作5作品を決定いたしました。

令和2年度「統計の日」標語 入選作品

特選

◎統計調査員の部
  統計調査 1人1人の協力ありがとう (福島県郡山市統計調査員 山田 テル子)

佳作

◎小学生の部
  今の日本 統計が ぼくらに教えてくれる (宮城県仙台市立上杉山通小学校6年 鈴木 青空)

◎中学生の部            あ す
  統計で 初めて知る今 進む明日 (青森県むつ市立大湊中学校2年 寺下 蓮)

◎高校生の部
  統計で 見えるニーズと 確かな政策 (大阪府追手門学院高等学校3年 竹平 萌恵)

◎一般の部
  統計で 知る過去 読む今 創る明日 (東京都豊島区 梶浦 公靖)

◎公務員の部
  見つけ出せ! 数字に隠れた 明日へのヒント (大分県総務部中津県税事務所 松山 拓也)

注1 作品は、応募されたままの形式で掲載している。
注2 敬称略、学年は令和2年6月現在

「統計の日」とは

 「統計の日」(10月18日)は、国民の皆様に、統計の重要性に対する関心と理解を深めていただくとともに、統計調査に対しより一層の協力を頂くため、昭和48年7月3日の閣議了解によって定めれられたものです。
 この10月18日とは、我が国最初の近代的統計である「府県物産表」(注)に関する太政官布告が公布された日(明治3年9月24日)を太陽暦に換算した日です。

 (注)「府県物産表」は、明治政府(民部省)が各府県に対して、それぞれの区域内の農林水産物と鉱工業生産物のすべての生産高をもらさず報告するよう求めて作成した統計であり、我が国の統計の発展過程で重要な役割を果たしたものです。

お問い合わせ

総務省政策統括官(統計基準担当)付 統計企画管理官付 地方統計機構担当
電話:03-5273-1144(直通)
FAX:03-5273-1181
E-mail:toukeinohi_atmark_soumu.go.jp(「@」に置き換えてください)

ページトップへ戻る

政策統括官(統計制度担当)
サイドナビここから
サイドナビここまで