コンビニ交付

コンビニ交付について

 コンビニ交付は、マイナンバーカードを利用して、住民票の写し・印鑑登録証明書等をコンビニエンスストアで取得できるサービスです。

コンビニ交付のメリットとしては、

  • 市区町村窓口の閉庁時である早朝・深夜(6:30〜23:00)や土日祝日でも証明書を取得することができる(12/29〜1/3を除く)
  • お住まいの市区町村に関わらず、最寄のコンビニエンスストアで証明書を取得できる

などがあります。

また、市区町村によっては、窓口より交付手数料が安くなることもあります。

 コンビニ交付は、住民基本台帳カードにおいては、市区町村の窓口においてコンビニ交付のためのアプリケーションを搭載し、交付する証明書ごとに暗証番号を設定することにより利用可能となりますが、個人番号カードにおいては、申請時に電子証明書さえ搭載しておけば、あとはお住まいの市区町村が新たにコンビニ交付を開始したタイミングで、特段の手続きなしに、電子証明書の暗証番号だけで利用できるようになります(証明書ごとの暗証番号は不要)。

 さらに、マイナンバーカードにおいては、住所地と本籍地が異なる住民の方でも、本籍地の戸籍の証明書が取得可能となる予定です。

 コンビニ交付サービスを導入する市区町村は順次拡大中です。コンビニ交付サービスの実施の状況やサービス内容(交付手数料、交付可能な証明書の種類等)は市区町村により異なりますので、詳しくは下記のページをご覧いただくか、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

ページトップへ戻る