総務省トップ > 組織案内 > 外局等 > 公害等調整委員会 > 係属事件一覧 > 日野市における農薬等による健康被害責任裁定申請事件(平成17年(セ)第1号事件)

日野市における農薬等による健康被害責任裁定申請事件(平成17年(セ)第1号事件)

事件の概要

 平成17年3月22日、申請人(東京都の住民)から、申請人の住居に隣接する畑及びアパート敷地内に除草剤及び殺虫剤を散布する被申請人を相手方として、責任裁定を求める申請があった。
 申請の内容は以下のとおりである。申請人は、被申請人の散布する除草剤及び殺虫剤により、喘息の悪化、肺気腫、難聴等の症状が出始め、慢性炎症性脱髄性多発神経炎になり、多額の医療費の出費を余儀なくされるとともに、現住所に暮らすことも困難な状況にある。これらを理由として、被申請人らそれぞれに対し、2,000万円、1,000万円及び500万円(総額3,500万円)の損害賠償を求めるというものである。

事件の処理経過

 公害等調整委員会は、本申請を受け付けた後、直ちに裁定委員会を設け、2回の審問期日を開催して手続を進めた結果、本件については当事者間の合意による解決が相当であると判断し、平成17年11月2日、第3回審問期日において、公害紛争処理法第42条の24第1項の規定により職権で調停に付し、裁定委員会が自ら処理することとした(平成17年(調)第2号事件)。
 同日開催した第1回調停期日において、裁定委員会から調停案を提示したところ、当事者双方はこれを受諾して調停が成立し、責任裁定申請については取り下げられたものとみなされ、本事件は終結した。

調停書

 調停書のPDFはこちらからご覧いただけます。PDF


文中の固有名詞などには、「A」「a」等の記号に置き換えているものがあります。

ページトップへ戻る