係属事件一覧

新しい動き

事件の受付

● 文京区におけるグラウンドからの粉じんによる財産被害原因裁定申請事件を平成30年5月14日に受け付けました。
本件は、申請人が所有する自家用車への粉じんの堆積被害は、被申請人がグラウンドに散布した砂から粉じんを発生・拡散させたことによるものである、との原因裁定を求めるものです。
大阪市における印刷工房からの大気汚染・悪臭による健康被害原因裁定申請事件を平成30年6月13日に受け付けました。
本件は、申請人らに生じた眼や喉の痛み、咳、肺の異常、シックハウス症候群等の健康被害は、被申請人が印刷工房から化学物質を発生・拡散させたことによるものである、との原因裁定を求めるものです。
瀬戸市における廃棄物処分場からの土壌汚染による財産被害責任裁定申請事件を平成30年5月30日に受け付けました。
本件は、養豚業を営む申請人らが、その養豚場の土地に衛生組合(関係3市により組織される一般廃棄物処理業者衛生組合=被申請人)によって焼却残さ及び不燃性破砕残さ(以下、「本件廃棄物」という)が埋め立てていたことが判明し、本件廃棄物から環境基準を大幅に超過するダイオキシン類が検出されたとして、被申請人に対し、本件廃棄物を排除するために必要な費用及び地下水の水質検査費用等の一部である賠償金2000万円の支払を求めるものです。

事件の終結

文京区におけるグラウンドからの粉じんによる財産被害原因裁定申請事件が、平成30年7月10日に終結しました。
平成30年5月14日に受け付けた、文京区におけるグラウンドからの粉じんによる財産被害原因裁定申請事件は、平成30年7月10日、原因裁定をすることが相当でないと認められることから、公害紛争処理法第42条の27第2項で準用する第42条の12第2項の規定により、申請を受理しない決定を行い、終結しました。
横浜市における漏電・振動による健康被害原因裁定申請事件が、平成30年5月28日に終結しました。
平成30年4月10日に受け付けた、横浜市における漏電・振動による健康被害原因裁定申請事件は、平成30年5月28日、原因裁定をすることが相当でないと認められることから、公害紛争処理法第42条の27第2項で準用する第42条の12第2項の規定により、申請を受理しない決定を行い、終結しました。
和歌山市における工場からの騒音等による健康被害等責任裁定申請事件が、平成30年5月28日に終結しました。
平成28年8月1日に受け付けた、和歌山市における工場からの騒音等による健康被害等責任裁定申請事件は、平成30年5月28日、本件申請をいずれも棄却するとの裁定を行い、本事件は終結しました。

公害紛争処理制度

鉱区禁止地域指定制度

鉱業等に係る行政処分に対する不服裁定制度

ページトップへ戻る