係属事件一覧

新しい動き

事件の受付

富士宮市における改良桝による地盤沈下被害原因裁定申請事件を平成29年7月4日に受け付けました。
本件は、被申請人が設置した改良桝の構造上の欠陥により、本件改良桝及びこれに接続する下水管が破損し、申請人宅の敷地地下の土砂が流失したため、申請人宅敷地に地盤沈下が生じたものである、との原因裁定を求めるものです。
成田市における建設工事からの振動による財産被害等責任裁定申請事件を平成29年6月20日に受け付けました。
本件は、申請人は、被申請人が事前調査を行わないまま解体工事及び建築工事による振動を発生させ続けたことにより、申請人宅の風呂のドアの開閉不良や内壁壁紙亀裂等の財産被害が生じたこと及び工事終了後に損害賠償を行うと言ったにもかかわらず、本件工事と申請人宅被害との因果関係はない旨の書面を一方的に送りつける等の不誠実な対応を行ったことにより、精神的苦痛を受けているとして、被申請人に対し、損害賠償金3,275,515円の支払を求めるものです。
横浜市における振動・騒音(低周波音)による健康被害職権調停事件の調停条項に係る義務履行勧告申出事件を平成29年6月6日に受け付けました。
横浜市における振動・騒音(低周波音)による健康被害職権調停事件は、神奈川県横浜市の住民1人から、隣人を相手方(被申請人)として、申請人に生じた頭痛、不眠、胸の圧迫感、吐き気及び血圧上昇は、被申請人が太陽光発電機付きヒートポンプ給湯器を使用し、振動及び騒音(低周波音)を発生させたことによるものであるとの原因裁定を求めた事件について、職権で調停に付し(平成29年(調)第2号事件)、平成29年3月28日、調停が成立した事件です。
平成29年6月6日、前記調停事件の被申請人から、調停条項に係る義務履行の勧告を求める申出がありました。

事件の終結

横浜市における騒音・低周波音による健康被害原因裁定申請事件が、平成29年6月27日に終結しました。
平成26年7月4日に受け付けた、横浜市における騒音・低周波音による健康被害原因裁定申請事件は、平成29年6月27日、本件申請を棄却するとの裁定を行い、本事件は終結しました。
台東区における飲食店からの悪臭・騒音被害責任裁定申請事件が、平成29年6月23日に終結しました。
平成28年10月3日に受け付けた、台東区における飲食店からの悪臭・騒音被害責任裁定申請事件は、平成29年6月23日、申請人から申請を取り下げる旨の申出があり、本事件は終結しました。
小諸市における工場からの振動による財産被害原因裁定申請事件が、平成29年5月16日に終結しました。
平成28年7月1日に受け付けた、小諸市における工場からの振動による財産被害原因裁定申請事件は、平成29年5月16日、申請人から申請を取り下げる旨の申出があり、本事件は終結しました。

公害紛争処理制度

公害等調整委員会に係属した公害紛争事件

都道府県公害審査会等に係属した事件

鉱区禁止地域指定制度

鉱業等に係る行政処分に対する不服裁定制度

ページトップへ戻る