総務省トップ > 組織案内 > 外局等 > 公害等調整委員会 > 現在係属している公害紛争事件

現在係属している公害紛争事件

東京国際空港航空機騒音調停申請事件
東京国際空港(以下「本件空港」という。)近隣において事業を営む法人である申請人ら5名が国土交通大臣を相手方(被申請人)として、公害等調整委員会に調停を求める申請がありました。 申請の内容は以下のとおりです。本件空港を離着陸する航空機を増便する旨の被申請人策定の計画案が実現すると、南風時の15時から19時の4時間の間、A滑走路の北側からの航空機の着陸が行われ、1時間あたり14機(4から5分に1機)程度の頻度で申請人らの事業所の約50m真上を航空機が飛ぶことになり、申請人らの人格権及び財産権に対し、受忍限度をはるかに超える甚大な被害が生じることが明白であるとして、被申請人に対し、主位的に、本件空港A滑走路を、一切の航空機の北側方向からの着陸に供用しないこと、予備的に、一切の航空機に対して、本件空港A滑走路の北側から着陸することを許可又は指示しないこと、を求めるものです。(平成28年9月9日受付)
横浜市における振動・騒音(低周波音)による健康被害原因裁定申請事件
本件は、申請人に生じた頭痛、不眠、胸の圧迫感、吐き気、血圧上昇は、被申請人が太陽光発電機付ヒートポンプ給湯器を使用し、振動及び騒音(低周波音)を発生させたことによるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成28年8月25日受付)
和歌山市における工場からの騒音等による健康被害等責任裁定申請事件
本件は、申請人ら4人は、被申請人の発電設備からの騒音により、精神的苦痛を被っているほか、申請人Aは不安障害に罹患し、また、申請人A宅は本件設備の設置工事又は稼働によりひび割れ等が生じたと主張して、被申請人に対し、申請人Aは損害賠償金793万円等、その他の3人はそれぞれ同731万円等の支払を求めるものです。(平成28年8月1日受付)
小諸市における工場からの振動による財産被害原因裁定申請事件
本件は、被申請人が操業する自社工場からの振動により生じた家屋の沈降、これに伴い家屋内に歪みが発生したのは、鍛造機械を作動させたことによるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成28年7月1日受付)
墨田区における建設工事からの地盤沈下等被害原因裁定申請事件
申請人A及び同人が代表取締役を務める申請人B有限会社とが、申請人Aほかが共有する土地及び建物の不同沈下は、被申請人らのマンションの解体及び建築工事によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成28年5月24日受付)
成田市における室外機等からの騒音・低周波音等による健康被害等責任裁定申請事件
本件は、申請人ら4名が、近接するコンビニエンスストアの屋外に設置された業務用エアコンの室外機等から発生する騒音・低周波音や駐車場等からの騒音等により、圧迫感、いらいら、耳鳴り、不眠等の健康被害を受けるなど、精神的・肉体的苦痛を被っているとして、コンビニエンスストアのフランチャイザー及び経営者(被申請人)に対し、連帯して、申請人各自に損害賠償金440万円の支払を求めるものです。(平成28年2月16日受付)
知多市における工場からの粉じんによる財産被害責任裁定申請事件
申請人は、その所有する車両を、被申請人の事業所と隣接する申請人の勤務地内にある駐車場に駐車していたところ、被申請人の事業所の操業によって、細かい白色の塗料のようなものが飛散してきて、申請人の所有する車両に多数付着したとして、修理費用等63万7,013円の損害賠償金等の支払を求めるものです。(平成27年12月25日受付)
台東区における冷凍庫からの低周波音による健康被害責任裁定申請事件
申請人らは、被申請人らの所有する本件建物の2階の一室を賃借し、居住している。被申請人らが、本件建物の1階倉庫に業務用冷凍庫の設置工事を行った直後から、機械の稼働音のような重低音が申請人ら宅内に響くようになり、申請人らには不眠、耳鳴り、不安抑うつ感等の症状が出るなど、著しい精神的・肉体的苦痛を被っているとして、被申請人らに対し、連帯して、申請人各自に損害賠償金242万円等の支払を求めるものです。(平成27年12月9日受付)
港区における建設工事による地盤沈下被害原因裁定申請事件
申請人の管理する敷地内通路の地盤陥没被害は、被申請人が行った建設工事における基礎杭頭処理と既存杭破砕のための削岩機による破砕工事によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成27年10月9日受付)
郡山市における室外機からの低周波音による健康被害等原因裁定申請事件
申請人に生じている頭重感や目眩などの肉体的苦痛及びふさぎこみや気力が沸かないなどの精神的苦痛は、被申請人が経営する店舗に設置している空調用室外機と冷凍用室外機から発生している低周波音によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成27年4月13日受付)
鹿児島県馬毛島における開発工事による漁業被害責任裁定申請事件
申請人らが沿岸漁業を営んでいる馬毛島周辺の海域において、トコブシ、アサヒガニ等海産物の漁獲量が減少したのは、被申請人が施工している飛行場建設工事において森林の伐採抜根を行ったことに加え、工事中止後も十分な泥水流出の防止策を講じなかった結果、土砂が周辺海域に流れ込み海洋汚染を生じたことによるものであるとして、被申請人に対し、申請人各自に損害賠償金100万円の支払を求めるものです。(平成26年11月27日受付)
江東区における建設工事からの土壌汚染による健康被害原因裁定申請事件
申請人らの目、喉、皮膚などに生じた健康被害は、被申請人らが自社のトラックターミナル棟及び社宅棟の建築工事において土地を掘削した際に発生・拡散させた何らかの化学物質によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成26年11月6日受付)
横浜市における騒音・低周波音による健康被害原因裁定申請事件
申請人らに生じている不眠症及び目まい症等の健康被害は、被申請人が自らの所有する土地に設置した給湯機から発生する騒音及び低周波音によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成26年7月4日受付)
市川市における工場からの騒音等による健康被害等責任裁定申請事件
被申請人工場のパン焼き釜等の機械の稼働、物品の搬出入により、申請人らには、騒音、振動、悪臭等による不快感、睡眠障害等の健康被害が生じているとして、被申請人に対し、申請人Aに対し3,000万円、他13人に対しそれぞれ1,000万円の損害賠償金の支払を求めるものです。(平成25年12月26日受付)
大崎市における大気汚染等による健康被害等責任裁定申請事件
被申請人ら工場の排気のために、工場周辺に居住していた申請人らは全身の皮膚炎、頭痛、吐き気等の健康被害を受け、また、避難のために転居を余儀なくされたとして、被申請人らに対し、連帯して損害賠償金合計8,828万5,516円の支払を求めるものです。(平成25年4月11日受付)
鹿児島県馬毛島における開発工事による漁業被害原因裁定申請事件
申請人らの営んでいる沿岸漁業の漁獲量減少は、被申請人が施工した開発工事に伴う水質低下によるものである、との原因裁定を求めた事件です。(平成23年11月29日受付)

ページトップへ戻る