総務省トップ > 組織案内 > 外局等 > 公害等調整委員会 > 現在係属している公害紛争事件

現在係属している公害紛争事件

不知火海沿岸における水俣病に係る損害賠償調停申請事件
水俣病の被害に係る原因企業による損害賠償に関する調停申請事件です。(平成28年3月11日受付)
成田市における室外機等からの騒音・低周波音等による健康被害等責任裁定申請事件
本件は、申請人ら4名が、近接するコンビニエンスストアの屋外に設置された業務用エアコンの室外機等から発生する騒音・低周波音や駐車場等からの騒音等により、圧迫感、いらいら、耳鳴り、不眠等の健康被害を受けるなど、精神的・肉体的苦痛を被っているとして、コンビニエンスストアのフランチャイザー及び経営者(被申請人)に対し、連帯して、申請人各自に損害賠償金440万円の支払を求めるものです。(平成28年2月16日受付)
知多市における工場からの粉じんによる財産被害責任裁定申請事件
申請人は、その所有する車両を、被申請人の事業所と隣接する申請人の勤務地内にある駐車場に駐車していたところ、被申請人の事業所の操業によって、細かい白色の塗料のようなものが飛散してきて、申請人の所有する車両に多数付着したとして、修理費用等63万7,013円の損害賠償金等の支払を求めるものです。(平成27年12月25日受付)
大田区における食料品作業場からの悪臭等による健康被害等責任裁定申請事件
被申請人らは、申請人ら宅に隣接したコーヒーばい煎作業場において、コーヒー豆のかすや油かすなどの粉じんを排出し、焦げ臭い悪臭、騒音、振動を発生させている。これにより、申請人ら宅の外壁、屋根、ベランダ等には、粉じんの飛散、油分等の付着が見 られ、粉じんが飛散しているときは洗濯や窓を開けることができないなど、種々の生活被害を受けているほか、申請人Bは、悪臭等及び被申請人らとの交渉による不安やストレスのため、不安神経症、不眠症等を発症するなど、精神的・肉体的苦痛を受けるとともに、申請人ら宅の外装メンテナンス工事費用等を支出したなどとして、被申請人らに対し、連帯して、申請人Aに対し93万7,750円、申請人Bに対し85万7,076円の損害賠償金の支払を求めるものです。(平成27年12月21日受付)
台東区における冷凍庫からの低周波音による健康被害責任裁定申請事件
申請人らは、被申請人らの所有する本件建物の2階の一室を賃借し、居住している。被申請人らが、本件建物の1階倉庫に業務用冷凍庫の設置工事を行った直後から、機械の稼働音のような重低音が申請人ら宅内に響くようになり、申請人らには不眠、耳鳴り、不安抑うつ感等の症状が出るなど、著しい精神的・肉体的苦痛を被っているとして、被申請人らに対し、連帯して、申請人各自に損害賠償金242万円等の支払を求めるものです。(平成27年12月9日受付)
港区における建設工事による地盤沈下被害原因裁定申請事件
申請人の管理する敷地内通路の地盤陥没被害は、被申請人が行った建設工事における基礎杭頭処理と既存杭破砕のための削岩機による破砕工事によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成27年10月9日受付)
世田谷区における飲食店からの大気汚染による健康被害等原因裁定申請事件
申請人の身体に付いた油、申請人宅の油汚れ及び室内に流入・滞留する油煙、並びに空気がチクチクする等の被害は、被申請人が経営する飲食店から発生した油、油煙及び油煙に含まれている油の微粒子を強制排気し、拡散させたことによるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成27年8月20日受付)
新宿区における解体工事による騒音・振動被害責任裁定申請事件
申請人宅に近接したビル解体工事から発生する騒音・振動により、申請人Aは、ゆっくり休むことができず、神経的に不安を感じているとともに、自ら経営している茶席の貸し出しができないでいるほか、振動による茶席及び工房に壁のひび割れや屋根瓦の緩みが生じ、申請人Bは、高齢で持病があり、寝室で休んでいるが、十分に休むことができないなど、営業損失及び精神的苦痛を受けたとして、被申請人らに対し、連帯して、損害賠償金合計1,365万円の支払を求めるものです。(平成27年8月10日受付)
郡山市における室外機からの低周波音による健康被害等原因裁定申請事件
申請人に生じている頭重感や目眩などの肉体的苦痛及びふさぎこみや気力が沸かないなどの精神的苦痛は、被申請人が経営する店舗に設置している空調用室外機と冷凍用室外機から発生している低周波音によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成27年4月13日受付)
不知火海沿岸における水俣病に係る損害賠償調停申請事件
水俣病の被害に係る原因企業による損害賠償に関する調停申請事件です。(平成27年2月4日受付)
鹿児島県馬毛島における開発工事による漁業被害責任裁定申請事件
申請人らが沿岸漁業を営んでいる馬毛島周辺の海域において、トコブシ、アサヒガニ等海産物の漁獲量が減少したのは、被申請人が施工している飛行場建設工事において森林の伐採抜根を行ったことに加え、工事中止後も十分な泥水流出の防止策を講じなかった結果、土砂が周辺海域に流れ込み海洋汚染を生じたことによるものであるとして、被申請人に対し、申請人各自に損害賠償金100万円の支払を求めるものです。(平成26年11月27日受付)
江東区における建設工事からの土壌汚染による健康被害原因裁定申請事件
申請人らの目、喉、皮膚などに生じた健康被害は、被申請人らが自社のトラックターミナル棟及び社宅棟の建築工事において土地を掘削した際に発生・拡散させた何らかの化学物質によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成26年11月6日受付)
横浜市における建設工事からの騒音・振動等による財産被害等責任裁定申請事件
被申請人は、工事用仮橋(ゲート)建設、宅地造成工事及びマンション建設工事に伴う掘削機・重機の使用、杭打ち、最大90台/日に及ぶ大型工事用車両の通行等により、激しい振動、騒音、土埃の粉塵、悪臭を発生させている。特に、振動と騒音は、精神的・肉体的に許容範囲を超えるほど激しく、申請人は精神的・肉体的苦痛等を受けた。
申請人は、工事開始前に市長に対し、紛争調整申出を行い、車両制限を要請したが、不調に終わり、また、工事開始後も被申請人及び市に対し、苦情を申し立てたが、改善されなかった。その後も、被申請人等と話し合いを行ったが、補償は拒否され、さらには、弁護士を代理人として交渉したが、改善されなかった。
このため、建物補修費用、慰謝料等として、被申請人に対し、損害賠償金356万5円の支払を求めるものです。 (平成26年9月11日受付)
横浜市における騒音・低周波音による健康被害原因裁定申請事件
申請人らに生じている不眠症及び目まい症等の健康被害は、被申請人が自らの所有する土地に設置した給湯機から発生する騒音及び低周波音によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成26年7月4日受付)
長野市における建物解体工事からの振動による財産被害原因裁定申請事件
申請人宅及び申請人宅土地上の土留壁・ブロック塀の損傷は、被申請人が事業活動地において実施した建物解体工事によって生じたものである、との原因裁定を求めるものです。(平成26年5月9日受付)
市川市における工場からの騒音等による健康被害等責任裁定申請事件
被申請人工場のパン焼き釜等の機械の稼働、物品の搬出入により、申請人らには、騒音、振動、悪臭等による不快感、睡眠障害等の健康被害が生じているとして、被申請人に対し、申請人Aに対し3,000万円、他13人に対しそれぞれ1,000万円の損害賠償金の支払を求めるものです。(平成25年12月26日受付)
鎌倉市における騒音等による健康被害等責任裁定申請事件
被申請人は、申請人ら宅の隣接地にドッグスクールを開校し、犬の鳴き声やトレーナーの大声による騒音及び悪臭を発生させている。この騒音により、申請人Aは不安、不眠、食欲低下等の健康被害を受け、申請人らは避難のための転居を余儀なくされ、また、ドッグスクールの存在による申請人ら宅の不動産価格の下落等の損害が生じたとして、被申請人に対し、損害賠償金1,082万800円の支払を求めるものです。(平成25年9月13日受付)
湖南市における鉄粉による大気汚染被害原因裁定申請事件
申請人の倉庫の屋根がザラザラになり、屋根の内側のひさしの上部が著しくさび、またテントに穴が開いたのは、被申請人の工場から飛散する鉄粉によるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成25年7月17日受付)
大崎市における大気汚染等による健康被害等責任裁定申請事件
被申請人ら工場の排気のために、工場周辺に居住していた申請人らは全身の皮膚炎、頭痛、吐き気等の健康被害を受け、また、避難のために転居を余儀なくされたとして、被申請人らに対し、連帯して損害賠償金合計8,828万5,516円の支払を求めるものです。(平成25年4月11日受付)
仙台市における土壌汚染・水質汚濁被害原因裁定申請事件
申請人が行っていた給油所における事業活動及び給油所の解体工事と、被申請人ら土地の土壌汚染及び地下水の水質汚濁との間の因果関係は存しない、との原因裁定を求めるものです。(平成25年2月22日受付)
大東市における工場からの排出物質に係る大気汚染等による財産被害等責任裁定申請事件
自宅のアルミサッシの被膜が剥がれるなどの申請人らの財産的被害は、被申請人の工場から排出される硝酸等を含んだ有害なガスによるものであるとして、被申請人に対し、損害賠償金合計5,992万2,000円の支払を求めるものです。(平成25年1月9日受付)
大東市における工場からの排出物質に係る大気汚染等による財産被害等原因裁定申請事件
自宅のアルミサッシの被膜が剥がれるなどの申請人らの財産的被害及び喘息等の申請人ら及びその家族らの健康被害は、被申請人の工場から排出される硝酸等を含んだ有害なガスによるものである、との原因裁定を求めるものです。(平成25年1月9日受付)
鹿児島県馬毛島における開発工事による漁業被害原因裁定申請事件
申請人らの営んでいる沿岸漁業の漁獲量減少は、被申請人が施工した開発工事に伴う水質低下によるものである、との原因裁定を求めた事件です。(平成23年11月29日受付)

ページトップへ戻る