よくある質問 1章 4K8Kについて

質問

回答

4K・8Kとは

問1-1: 4K・8Kとはどのような意味ですか?

答1-1: 超高精細な放送サービスやテレビに用いられる用語であり、Kは千の意味で、4Kは水平方向(横方向)に約4千画素、8Kは水平方向(横方向)に約8千画素あることに由来しています。

 4Kは横方向の画素数がフルハイビジョン(2K)の2倍で、画面上の画素数はフルハイビジョンの4倍の約829万画素です。

 さらに8Kは、横方向の画素数がフルハイビジョンの4倍で、画面上の画素数はフルハイビジョンの16倍の約3318万画素です。

 フルハイビジョンに比べ、視野が広がり、圧倒的な臨場感をお楽しみいただけると思います。

2Kは、水平方向の画素数が1920あり、垂直方向に1080あります。画面上の画素数は約200万画素です。画面サイズの例は32インチなどです。4Kは、水平方向の画素数が現行ハイビジョン(2K)の2倍で3840あり、画面上の画素数は現行ハイビジョンの4倍の約800万画素です。画面サイズの例は65インチ等です。さらに8Kは、水平方向の画素数が現行ハイビジョン、2Kの4倍で7680あり、画面上の画素数は現行ハイビジョンの16倍の約3300万画素です。画面サイズの例は85インチ等です。

ページトップへ戻る

新4K8K衛星放送の特長・魅力

問1-2: 新4K8K衛星放送の魅力は何ですか?

答1-2: BS及び東経110度CSにより放送される4K・8K放送を「新4K8K衛星放送」といいます。「超高精細」な映像が魅力として挙げられます。4Kは現在のフルハイビジョン(2K)に比べて4倍の画素数、8Kは16倍の画素数で構成されています。

 4K対応テレビ、4K・8Kテレビは、近づいて見ても映像(画素)の粗さが気にならないので、視野が広がり、圧倒的な臨場感をお楽しみいただけます。こうした放送をお届けできることが魅力になると思います。

 また、今回の新4K8K衛星放送では、HDR(ハイダイナミックレンジ)のサービスが実施され、表現できる明暗の幅(ダイナミックレンジ)が広がり、今まで以上の輝きや、明るいシーンから暗いシーンにいたるまで、より豊かな映像表現ができるようになります。そして、色域が拡がることで、自然で鮮やかな色の表現が可能になります。このような豊かな映像表現を用いた放送をお楽しみいただけます。

ページトップへ戻る

問1-3: HDR(エイチ・ディー・アール)とは何ですか?

答1-3: High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略です。映像の輝度(明るさ・暗さ)の範囲を拡大する技術であり、肉眼で見る感覚により近い映像が表現できます。

 放送する番組がHDRで制作されていて、かつ、受信するテレビ側もHDRに対応している場合に、HDRの魅力をお楽しみいただくことができます。

ページトップへ戻る

4K放送・配信サービスについて

問1-4: 現在、提供されている「4K放送」や「4K配信サービス」を教えてください。

答1-4: サービスの一例(2018年12月現在)(各カテゴリー内は五十音順)

  • 124/128度CS放送(スカパー!プレミアムサービス)
  • ケーブルテレビ・配信(ケーブル4K、ひかりTV4K(放送)等)
  • インターネット(Amazonプライムビデオ、Netflix等)
  • 新4K8K衛星放送(BS、110度CSによる4K・8K放送)

既に始まっている4Kサービスの例として、124/128度CS放送、ケーブルテレビ、IPTV又はその他のネットの動画配信などがあります。なお、BS・110度CS放送による4K放送、地上デジタル放送による4K放送はまだ始まっていません。

ページトップへ戻る

新4K8K衛星放送について

問1-5: 新4K8K衛星放送は、いつからどのような事業者が行っているのですか?

答1-5: 放送事業者により放送開始予定日は異なりますが、早い事業者では、2018年12月1日から開始されています。
放送を行うのは、次の事業者です。

■BS右旋で4K放送を行う放送事業者
  • 日本放送協会
  • (株)ビーエス朝日
  • (株)BSテレビ東京
  • (株)BS-TBS
  • (株)BS日本
  • (株)ビーエスフジ
■BS左旋で4K放送を行う放送事業者
  • SCサテライト放送(株)
  • (株)QVCサテライト
  • (株)東北新社メディアサービス
  • (株)WOWOW (令和2年12月〜)
■BS左旋で8K放送を行う放送事業者
  • 日本放送協会
■東経110度CS左旋で4K放送を行う放送事業者
  • (株)スカパー・エンターテイメント(8チャンネル)

開始日の記載がない事業者は、平成30年12月1日から放送が開始される予定です。

ページトップへ戻る

右旋(うせん)円偏波と左旋(させん)円偏波とは

問1-6: 右旋(うせん)や左旋(させん)とは何のことですか?

答1-6: BS放送や東経110度CS放送は、らせん状に回転する電波(※)を用いています。その回転方向が進行方向に向かって右回りのものを右旋円偏波、左回りのものを左旋円偏波と呼んでいます。これらの両方を用いると、より多くの番組を放送することが可能となります。

なお、従来のBS放送などは右旋円偏波が使用されています。

※: 電波の偏波面(電界の振動面)が時間とともに回転

ページトップへ戻る

従来の衛星放送の継続について

問1-7: 新4K8K衛星放送の開始により、現在のBS及び東経110度CSのハイビジョン(2K)放送は終わるのですか?

答1-7: 新4K8K衛星放送が始まっても、現在の衛星放送(2K等)は続きます。現在の放送は、引き続き、現在お使いになっているテレビ、チューナー、アンテナで見ることができます。

ページトップへ戻る