総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > 放送政策の推進 > 4K放送・8K放送 情報サイト > よくある質問 目次 > よくある質問 3章 直接受信での4K放送・8K放送の受信システム

よくある質問 3章 直接受信での4K放送・8K放送の受信システム

質問

回答

受信方法について

問3-1: 新4K8K衛星放送を見るにはどうすれば良いですか?

答3-1: BS及び東経110度CSの4Kチューナー内蔵テレビや、お持ちの4K対応テレビに、新4K8K衛星放送の4K放送に対応した4Kチューナーを加えることで、お楽しみいただけます。

 なお、BS右旋で放送される4K放送は、従来のBS放送のチャンネルを使うため、現在のアンテナや配線等を交換せず、引き続き使用して視聴できる可能性がありますが、安定して視聴するには、受信設備の確認が必要です。全ての新4K8K衛星放送をお楽しみいただくには、右旋・左旋対応のアンテナへの交換のほか、お使いの分配器、分波器、ブースターも対応機器へ交換する必要があります。

 交換にあたりBS及び東経110度CS右左旋放送受信帯域に対応していることを示すシンボルマークである「SHマーク」が付いている機器もありますので参考としてください。

  • ※1: 4Kテレビや4K対応テレビとの接続を事前に確認する必要があります。
  •       
  • ※2: 4Kテレビや4K対応テレビに4Kチューナーを追加して視聴する場合、一定の性能以上のHDMIケーブルで接続してください。
  • ※3: HDMI端子はHDCP 2.2と4K 60Hz入力に対応している必要があります。

ページトップへ戻る

問3-2: 受信システム機器のSHマークとは何ですか?

答3-2: SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)は、BS及び東経110度CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、JEITA(※)で審査・登録され、一定以上の性能を有する新4K8K衛星放送受信に適した、衛星アンテナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークです。

※: (一社)電子情報技術産業協会

図 黄緑色の四角形が上側、白の四角形が下側に配置されている四角形で、黄緑色の方に白い文字で「SH」、白い方に黄緑色の文字でJEITAと書かれている
SHマーク

ページトップへ戻る

問3-3: BS及び東経110度CSアンテナを交換せずに見ることができる4K・8K実用放送はありますか?

答3-3: NHK、(株)ビーエス朝日、(株)BSテレビ東京、(株)BS-TBS、(株)BS日本、(株)ビーエスフジの6つの新4K8K衛星放送は、現在のBSと同じ右旋円偏波で放送されるため、現在お使いのBSアンテナのまま見ることができる可能性があります。ただし、安定して視聴するには、受信設備の確認が必要です。

  • ※: ただし、新4K8K衛星放送に対応したチューナーやチューナー内蔵テレビは、別途、必要になります。
  • ※: 現在放送されているBS(2K)の全てのチャンネルを受信できていないなどの場合は、機器等の交換が必要になる場合があります。

SCサテライト放送(株)、(株)QVCサテライト、(株)東北新社メディアサービス、(株)WOWOW及びNHKの8K実用放送は、BSの左旋円偏波で放送されるため、左旋対応アンテナへの交換と、左旋の中間周波数に対応する配線等に交換が必要になります。(株)スカパー・エンターテイメントの4K実用放送は、110度CSの左旋円偏波で放送されるため、左旋対応アンテナへの交換と、左旋の中間周波数に対応する配線等に交換が必要になります。

ページトップへ戻る

問3-4: 新4K8K衛星放送が始まると、今使っているテレビ、チューナー、アンテナは使えなくなるのですか?

答3-4: 新4K8K衛星放送の視聴を希望されなければ、現在視聴されている放送を受信するためのテレビ、チューナー、アンテナはそのままご使用いただけます。

ページトップへ戻る