よくある質問 5章 技術的課題

質問

回答

電波の漏洩と外部からの妨害について

電波の漏洩と外部からの妨害については、「中間周波数の漏洩 −新4K8K衛星放送開始に向けたBS及び東経110度CSの左旋偏波の中間周波数の漏洩について−」もご参照ください。

問5-1: BSの電波が漏洩するとは、どのようなことですか?

答5-1: 新4K8K衛星放送で用いる、BS及び東経110度CSの左旋のIF(中間周波数)信号は、2224MHz〜3224MHzの周波数帯を利用して同軸ケーブルに伝送します。

 一部の古いタイプの増幅器や分岐・分配器、直列ユニットなどの機器には、「直付け」と呼ばれる同軸ケーブルの芯線を露出させて取り付けるタイプのものが存在していますが、こうした同軸ケーブルの露出部分から左旋の周波数帯の電波が漏れることになります。

 この漏洩により、他の無線通信(無線LAN、ブロードバンドワイヤレスアクセス)へ妨害が発生する可能性があります。具体的には無線通信のエラー、通信速度の低下、回線がつながりにくくなるなどの影響が出る可能性があります。

ページトップへ戻る

問5-2: BS左旋の放送への妨害があると聞きましたが、どのようなことですか?

答5-2: 電波の漏洩で他の無線へ干渉することとは逆に、2400MHz帯の電波を利用している「電子レンジ」等から、同軸ケーブルの接続部分が露出している部分へ干渉して、BS左旋の放送が妨害を受ける(新4K8K衛星放送が見られない)可能性があります。

ページトップへ戻る

問5-3: 電波が漏れたり、他のシステムからの妨害を防ぐにはどうしたら良いのですか?

答5-3: 同軸ケーブルの芯線が露出している接続箇所は、電波が漏れて他の無線へ妨害や干渉を起こすばかりでは無く、電子レンジ等からの妨害を受けることもありますので、露出部分が無い配線、つまり、F型コネクター等を利用した配線を行うことが必要になります。

 左旋の2224MHz〜3224MHzまでを伝送するように設計された機器では、このF型コネクター等を利用して同軸ケーブルを接続するようになっていますので、このような機器を用いて電波が漏れない確実な施工が必要です。

 なお、新設・交換にあたりBS及び東経110度CS右左旋放送受信帯域に対応していることを示すシンボルマークである「SHマーク」が付いている機器もありますので参考としてください。

ページトップへ戻る

BS右旋の放送の帯域再編(周波数再編成)について

BS右旋帯域の再編については、「BS右旋帯域再編とは −新4K8K衛星放送開始に向けたBS放送用周波数の再編−」もご参照ください。

問5-4: 現在のBS右旋の放送を再編成すると聞きましたが、どのようなことですか?

答5-4: BS右旋では、BS4K・8K試験放送の終了により空く周波数(第17ch)のほか、もう1周波数(第7ch)を4K放送用に確保するよう、再編が行われました。

 具体的には、BS右旋の第7chを使用可能となるよう実施される帯域の削減と、削減された帯域の集約(既存の2Kチャンネルの移動)が行われました。

 これにより、BS右旋では第7chと第17chを使って合計6つの4K放送が可能となります。

BS右旋を再編して空いた7chにて、BS朝日、BSジャパン、BS日テレが4K放送を行い、同様に17chにてNHK、BS-TBS、BSフジが4K実用放送を行います。

ページトップへ戻る

問5-5: BSを再編するとどのようなことが起きるのですか?

答5-5: この再編作業により、既存のBS放送を視聴されている方へ大きな影響はありませんでした。

ページトップへ戻る

問5-6: 帯域再編のスケジュールはどのようになっていますか?

答5-6: 以下のスケジュールにて実施されました。

周波数の一部の削減
年月日 放送局 時間
2018年
1月14日(日)
NHK (BSプレミアム) 01:00〜06:00
NHK (BS1)
2018年
1月22日(月)
BS 朝日 01:00〜06:00
BS-TBS
2018年
1月29日(月)
BS 日テレ 01:00〜06:00
BS フジ
周波数の組み替え・集約
年月日 放送局 時間
2018年
4月16日(月)
BS ジャパン 00:00〜06:00
2018年
5月8日(火)
NHK (BSプレミアム) 00:00〜06:00
2018年
5月22日(火)
ディズニー・チャンネル 00:00〜06:00
BS アニマックス 03:00〜06:00
2018年
5月28日(月)
スターチャンネル 2 00:00〜08:00
スターチャンネル 3 (前日)23:30〜
(28日)08:00

ページトップへ戻る