総務省トップ > 政策 > 国民生活と安心・安全 > 統計制度 > 統計制度の企画・立案等 > 「公的統計の整備に関する基本的な計画」

「公的統計の整備に関する基本的な計画」

 平成19年に全面改正された統計法(平成19年法律第53号)に基づき、公的統計の整備に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、平成21年3月に初めて策定された「公的統計の整備に関する基本的な計画」(以下「第I期基本計画」という。)、さらに、第I期基本計画を変更し、平成26年3月に平成26年度を始期とする新たな「公的統計の整備に関する基本的な計画」(以下「第II期基本計画」という。)を策定し、各種施策の推進が図られてきました。

 一方、「統計改革の基本方針」(平成28年12月21日経済財政諮問会議決定)では、経済統計の整備・改善に向けた喫緊の課題の解決や、統計委員会・統計行政部門の強化を進めるため、基本計画を平成29年中に見直し、新たな統計整備方針を確立することとされた。この方針を受けた「統計改革推進会議最終取りまとめ」(平成29年5月19日統計改革推進会議決定。以下「最終取りまとめ」という。)及び「経済財政運営と改革の基本方針2017」(平成29年6月9日閣議決定)においても、GDP統計を軸とした経済統計改善、証拠に基づく政策立案(EBPM)推進体制の構築等の統計改革の推進が示されるなど、統計をめぐる社会経済情勢は大きく変化してきました。
 このような状況の下、国民にとって合理的な意思決定を行うための基盤となる重要な情報である公的統計が、その役割を十分に果たすためには、統計法の目的や理念を踏まえつつ、新たなニーズや社会経済情勢の変化にも留意しながら、政府一体となって取組を進めることが必要となっています。

 このため、統計法第4条第6項の規定に基づき、統計をめぐる社会経済情勢の変化を勘案し、統計委員会の審議を通じた公的統計の整備に関する施策の効果に関する評価を踏まえ、おおむね5年ごとに変更することと規定されている基本計画を1年前倒しで変更し、平成30年度を始期とする新たな「公的統計の整備に関する基本的な計画」(本計画。以下「第III期基本計画」という。)を閣議決定しました。

 第III期基本計画は、第I期基本計画と同様に、本文に取組の経緯や必要性、今後の方向性、継続的な取組事項等を、別表に今後5年間に講ずる具体的な措置・方策、担当府省等を記載しています。

 総務省は、各府省と連携の上、本計画を着実に推進し、公的統計の体系的かつ効率的な整備及びその有用性の確保に向けて、一層の取組を進めてまいります。

第III期基本計画(平成30年3月6日閣議決定)

第III期基本計画のポイント

 第III期基本計画においては、統計委員会における司令塔機能を強化しつつ、政府一体となって最終取りまとめ等に示された統計改革の実現に取り組むとともに、統計法における重要な目的でもある「公的統計の有用性の確保・向上」に向け、(1)EBPMや統計ニーズへの的確な対応、(2)国民経済計算・経済統計の改善を始めとする府省横断的な統計整備の推進、(3)国際比較可能性や統計相互の整合性の確保・向上、(4)ユーザー視点に立った統計データ等の利活用促進、(5)統計改善の推進に向けた基盤整備・強化、の5つの視点に重点を置いた各種施策を取り組みます。(詳細は別紙PDF参照)

第III期基本計画の策定経緯

2016年12月21日
経済財政諮問会議が「統計改革の基本方針」を決定
2017年2月23日
総務大臣から公的統計の整備に関する基本的な計画の変更について統計委員会に諮問
2017年5月19日
統計改革推進会議が「統計改革推進会議最終取りまとめ」を決定
2017年12月19日
統計委員会から総務大臣に答申
2018年1月〜2月
国民に意見公募
2018年3月6日
・第III期基本計画を閣議決定
パブリックコメント結果PDF

基本計画の推進

 第III期基本計画の推進状況については、第II期基本計画と同様に、総務大臣が毎年取りまとめて公表するとともに、統計委員会へ報告します。また、社会経済情勢の変化や統計委員会における審議等を踏まえ、おおむね5年ごとに基本計画の見直しを行います。

(参考)第I期基本計画(平成21年3月13日閣議決定)

(参考)第II期基本計画(平成26年3月25日閣議決定)

ページトップへ戻る