統計調査の審査等

  国の行政機関が統計調査を行う場合は、統計法の規定により、あらかじめ総務大臣の審査・承認を受ける必要があります。

  審査は、統計調査が合理的かつ妥当な設計になっているか、他の調査と過度の重複がないかなどの観点から行い、それにより、精度を確保した統計の利用や調査対象になった方々の負担軽減を図るよう努めています。

  また、統計調査によらない基幹統計の作成や、地方公共団体や独立行政法人等が統計調査を行う場合にも総務省への通知や届出を行う必要があります。

基幹統計調査総覧

  国の行政機関が統計調査を行う場合は、統計法の規定により、あらかじめ総務大臣の審査・承認を受ける必要があります。

 国の行政機関が行う統計調査のうち、特に重要な「基幹統計調査」として現在承認されている51調査について、平成27年度末(平成28年3月現在)の調査概要をまとめています。

 目次の統計調査名をクリックすることで各調査の説明にジャンプできます。

統計法令に基づく統計調査の承認及び届出の状況

 総務省政策統括官(統計基準担当)は、統計法令に基づいて、統計調査の承認及び届け出られた統計調査の受理を行っています。

 ここでは、承認及び届出の状況を毎月まとめたものを掲載しています。

平成29年度平成28年度平成27年度平成26年度
平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度
平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度
平成17年度
掲載一覧表お問い合わせ

平成29年度

※ 平成29年4月分から、一般統計調査の承認については、届出統計調査と同様の一覧表形式にしています。

平成28年度

※ 平成28年9月分から、届出統計調査については、簡易な一覧表形式にしています。

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

平成19年度

平成18年度

平成17年度

掲載一覧表

承認又は受理した統計調査の一覧表です(統計法が全部改正された平成21年4月以降)。
 最終承認年月日のほか、実施機関、調査周期などの項目を設けています。

お問い合わせ

総務省政策統括官(統計基準担当)付 統計審査官室 TEL:03-5273-1147 FAX:03-5273-1189 MAIL:psastat@soumu.go.jp

ページトップへ戻る