マイナポイント事業

主な政策

【マイナポイント事業】

●マイナポイント第1弾

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、そのサービスで、利用金額の25%分のポイントがもらえるのが「マイナポイント」のしくみです(一人あたり5,000円分が上限です)。
※QRコード決済(○○Pay)や電子マネー(交通系のICカードなど)、クレジットカードなどのことです。

●マイナポイント第2弾

(1)マイナンバーカードを取得された方のうち、マイナポイント第1弾に申し込んでいない方(マイナンバーカードをこれから取得される方も含みます。)
・・・・・最大5,000円相当のポイント

2021年12月末までにマイナポイント第1弾に申し込んだ方で、まだ20,000円のチャージやお買い物を行っていない場合(最大5,000円分までポイント付与を受けていない方)は、2022年1月1日以降も引き続き、上限(5,000円相当)までポイントの付与を受けることができます。

■申込開始時期:2022年1月1日から
■マイナンバーカードの申請期限:2022年9月末まで
■申込期限:2023年2月末まで

 

(2)マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込みを行った方
(既に利用申込みを行った方も含みます。)
・・・・・7,500円相当のポイント

■申込開始時期:2022年6月30日開始
■マイナンバーカードの申請期限:2022年9月末まで
■申込期限:2023年2月末まで

 

(3)公金受取口座の登録を行った方(既に登録を行った方も含みます。)
・・・・・7,500円相当のポイント

■申込開始時期:2022年6月30日開始
■マイナンバーカードの申請期限:2022年9月末まで
■申込期限:2023年2月末まで
 

マイナポイント申込の際の注意点についてPDF

マイナポイント事業HP:https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/別ウィンドウで開きます

【自治体マイナポイント事業】

自治体マイナポイント事業は、マイナポイント事業を通じて決済サービス事業者との連携の仕組みを備えたマイキープラットフォームを活用し、決済サービス事業者との連携により、自治体が多様なポイント給付施策を行うものです。給付を自治体マイナポイント事業の仕組みにより行うことのメリットには、以下のようなものがあります。

  1. 給付事務(申請・受付・審査等)をオンラインで可能とすることによる行政や住民の手続負担の軽減及び迅速な給付の実現
  2. マイナンバーカードの本人確認機能を活用した正確で重複のない給付の実現
  3. 利用用途や期間の設定を通じた、施策目的の効果的な実現
  4. 民間キャッシュレス決済サービス事業者との連携による、使いやすい形での給付の実現

令和3年度においては、公募により採択した複数の自治体でモデル的に事業を実施(※)し、その事業の内容や成果を踏まえ、令和4年度に全国の自治体が活用し得る汎用的なシステムの構築を目指しています。
※1 自治体マイナポイント事業の概要については、別添1PDFのとおりです。
※2 モデル団体の事業については、別添2PDFのとおりです。

【マイキープラットフォームと地域経済応援ポイント(マイナンバーカード活用)】

事業の概要については、下記の【資料1】「マイナンバーカード」を活用した地域経済好循環システムの構築(未定稿)(平成29年7月6日更新)をご覧ください。

○   「マイキープラットフォームポータルサイト」のURL
(平成29年9月25日0時から稼動)
https://id.mykey.soumu.go.jp/

○   「自治体ポイントナビ」のURL
(平成29年9月25日0時から稼動)
https://www.point-navi.soumu.go.jp/

※なお、実際のポイント交換にあたり、地域経済応援ポイント協力企業の受付可能時刻は企業によって異なります。

地域経済応援ポイント導入による消費拡大プロジェクト」における「マイキープラットフ ォーム及び自治体ポイント管理クラウド」のシステム仕様(案)並びに「取扱マニュアル」(案)等に係るブロック説明会資料(平成29年7月6日更新)
「地域経済応援ポイント導入による消費拡大プロジェクト」における「マイキープラットフォーム及び自治体ポイント管理クラウド」のシステム仕様(案)並びに「取扱マニュアル」(案)等に係る地方公共団体等説明会(平成29年5月12日開催)
マイキープラットフォーム運用協議会総会・役員会(平成29年8月30日開催)
第3回マイキープラットフォーム運用協議会総会・役員会(平成30年7月2日開催)
第4回マイキープラットフォーム運用協議会総会・役員会(平成30年12月25日開催)
自治体ポイントの活用可能性と運用上の課題に関する検討会(平成30年4月11日開催)
第2回自治体ポイントの活用可能性と運用上の課題に関する検討会(平成30年6月1日開催)
第3回自治体ポイントの活用可能性と運用上の課題に関する検討会(平成30年9月6日開催)
【自治体ポイントの活用可能性と運用上の課題に関する検討会中間報告】

リンク

ページトップへ戻る

地方行政のデジタル化
サイドナビここから
サイドナビここまで