大垣市戦災遺族会追悼式

(注)以下の情報は最新ではない場合があるため、主催元にご確認ください。

趣旨

大垣市戦災遺族会追悼式

米軍機の大規模な空襲により各都市の被害は拡大の一途をたどり、大垣市もその戦禍を避けることはできませんでした。昭和20年(1945)に入り、警戒警報及び空襲警報の発令が多くなり、3月2日、大型焼夷弾10数個が投下されたのです。以後7月29日まで通算6回にわたって空襲が繰り返され、市の中心部が焦土と化しました。終戦後、戦災死没者の慰霊碑が笠木町地内護国霊苑内に建立され、毎年7月29日に戦災遺族会主催の追悼式が執り行われています。

詳細情報

開催日時 平成24年7月29日(日) ※例年7月最終日曜日開催
開催地住所 岐阜県大垣市笠木町283−1ほか
開催場所 護国霊苑 戦災死没者之慰霊碑前
主催者 大垣市戦災遺族会
リンク -
連絡先 大垣市戦災遺族会 0584−91−3639
※H24.11 大垣市戦災遺族会より情報提供

ページトップへ戻る