川崎重工業慰霊祭

(注)以下の情報は最新ではない場合があるため、主催元にご確認ください。

趣旨

川崎重工業慰霊祭の様子

明石は軍需工場があったために、昭和20年1月19日、大阪より神戸より早く空襲を受け、従業員をはじめ大勢の学徒が亡くなりました。
川崎航空は住職との縁が元で当時「三国寺」と称していた大聖寺の境内に慰霊碑を建て、その内側には明石市が建てた慰霊碑があるという、珍しい二重墓があります。
昭和49年6月9日。
22世日康上人は、その後何度も空襲にあって無縁仏になった霊も含めての供養と、世界平和を願って慰霊塔を建てようと発願しました。
明石の町を団扇太鼓を打ちならし歩いてその霊を慰め、川崎重工と明石の一般市民と壇信徒が一致協力して、高さ5.5メートルの「太平洋戦争明石市被爆犠牲者慰霊塔」が完成したのです。この塔の上に安置されているのが、青銅製の十一面観音像です。
6月9日前後の日曜日に「慰霊塔供養祭」が行われております。
戦争の悲惨さ、戦争を憎む心を、後の時代まで語り継ぐことが大聖寺の使命だと思っております。

※写真提供:大聖寺

詳細情報

開催日時 毎年1月19日
開催地住所 兵庫県明石市上ノ丸1-18-18
開催場所 大聖寺
主催者 大聖寺
連絡先 大聖寺 078-912-5929
※H23.11 大聖寺より情報提供

ページトップへ戻る