京橋駅空襲被災者慰霊祭

(注)以下の情報は最新ではない場合があるため、主催元にご確認ください。

趣旨

京橋駅空襲被災者慰霊祭の様子

太平洋戦争の終焉を翌日に控えた昭和20年8月14日正午過ぎ、陸軍造兵廠を狙った数十機のB29爆撃機が飛来した。折しもこの京橋駅に到着した上下各列車そして付近の防空壕に向かって数個の1トン爆弾が襲いかかった。阿修羅のごとき有様となった一帯には屍山となり断末魔の叫び飛び交う生き地獄の形相となった。その犠牲者は五百人とも六百人とも言われている。被災され犠牲になった方々の御霊を弔うため昭和30年より毎年8月14日妙見閣寺、遺族の方々、JR、近隣自治体などの世話人会により慰霊祭が行われている。

詳細情報

開催日時 毎年8月14日
開催地住所 大阪府大阪市都島区片町2-3
開催場所 JR京橋駅 南口 大阪大空襲 京橋駅爆撃被災者慰霊碑 前
主催者 妙見閣寺/京橋駅慰霊祭世話人会
リンク -
連絡先 妙見閣寺 06-4254-8115
※H23.11 妙見閣寺、京橋駅慰霊祭世話人会より情報提供

ページトップへ戻る