城北公園千人塚慰霊法要

(注)以下の情報は最新ではない場合があるため、主催元にご確認ください。

趣旨

城北公園千人塚慰霊法要の様子

昭和20年の大阪大空襲で、市内いたるところに身元不明の遺体が多数放置されていました。それらの遺体は、市民奉仕で城北公園裏の淀川の堤に集められ、千数百体の遺体がだびに付されました。「鬼哭啾々 黒煙天に柱し、三日三晩に及ぶ」といわれて、その冥福を祈って区民の方が庭石に「千人つか」と刻んで安置されました。 千人塚を建立されたお父さんの遺志を受け継いで現在に至るまで私費で法要を続けてこられたのが、千人塚慰霊法要協賛会の東浦栄一会長です。
 例年は堤防上の千人塚で法要が行われていましたが、今年は雨天のため常宣寺に会場を移されました。常宣寺には慰霊碑もあり、当日はその碑文の朗読も行われました。

詳細情報

開催日時 毎年6月7日
開催地住所 大阪府大阪市旭区生江3-29-1
開催場所 城北公園淀川堤防上 平和地蔵尊 爆撃犠牲者之精霊 千人塚
主催者 千人塚慰霊法要協賛会 
連絡先 千人塚慰霊法要協賛会 個人であり記載せず
※H23.11 千人塚慰霊法要協賛会 より情報提供

ページトップへ戻る