総務省トップ > 政策 > 一般戦災死没者の追悼 > 国内各都市の戦災の状況 > 名護市における戦災の状況(沖縄県)

名護市における戦災の状況(沖縄県)

1.空襲等の概況

 「語り継ぐ戦争」市民の戦時・戦後体験記録第1集昭和60年発行より

 15年戦争ともいわれる長い戦争はすでに19.31年(昭和6年)に満州事変によって始まり、支那事変・大東亜戦争と拡大されて、ここ名護・山原でも出征兵士や戦死者を出し、寡婦や母子家庭、孤老の数を増した。支那事変と称された日中戦争開戦の直後「国民精神総動員連動」の開始により、市民生活はますます戦争-の傾斜を深めるが、1941年(昭和16年)の対米英宣戦布告は、決定的に臨戦体制を実感せしめるものであった。

ページトップへ戻る

2.市民生活の概況

 国頭郡下でも国策推進を目的として、名護町はじめ次々に大政翼賛会支部が結成された。この組織は部落会・婦人会・隣組・青年団を下部組織として「戦意高揚」「増産貯蓄」などに努めた。また名護町では大兼久を五区に分割、勝山・中山・旭川を誕生させるなど、令達事項の徹底、行事の単一化をめざした。

 名護の目貫通りでは出征兵士の壮行会、戦役者の町葬などで戦時意識を盛り上げ、婦人会の間でも戦況や慰問袋・千人針などに話題が集中する。

 昭和19年に入ると、伊江島飛行場設営のため、北部一円の労働者が徴用され、羽地青年学校生徒まで動員の手は及んだ。十・十空襲には工事現場で32名の犠牲者中13名はこれらの生徒であったという。このような犠牲者を出したにもかかわらず、同飛行場は翌年3月23日の空襲の結果、日本軍自らが爆破したのであった。

 県立三中・同三高女の生徒も決して例外ではなかった。学校の機能はほとんど停止し、三中生徒は伊江島飛行場設営はもちろん、兵器の取り扱いや通信兵として訓練に明け暮れ、三高女生徒は消防団や婦人会にまじって消火・救護訓練、はては竹槍訓練や軍隊の下働きにまで加えられる。三高女生徒の奉仕活動で注目すべきは、内原薬草園のコカの葉採集作業である。コカインの原料として

 武田薬品株式会社が50町歩もの広大な畑をもち、軍隊はじめ、麻酔薬の供給源の一つとなっていた。大阪本社への運搬作業には鮮鮮入寒夫も加わっていたという。

 屋我地の愛楽園でもまた、ハンセン病診療所として一般住民から隔離されていながらなお、翼賛会や食糧増産挺身隊という呼称で患者自らが防空壕据りや、畑地拡大作業に従事して食糧確保に努めたのであった

ページトップへ戻る

3.空襲等の状況

 昭和19年10月10日、県内各地に米軍機による初めての空襲があり相当な被害がでた。名護では松並みだけでなく、湾内に碇泊していた軍艦や漁船も銃爆撃を受けている。その他では運天捲、渡久地港、伊江島が目標とされ、なかでも伊江島では多大の犠牲者が出ている。

 この空襲後、那覇の被災者はじめ中南部からの疎開者が北部-流入した。翌年には県による北部地域疎開が計画され、当初20万名を予定したが、完了以前に米軍上陸にあい、実際には3万名にとどまったといわれている。

 十・十空襲以後は、一般住民も今後ますます悪くなるであろう事態に備えなければならなかった。働き手を失って、残された老人・子供・婦人たちの手で避難小屋や壕堀り、非常食糧の確保が進められた。昭和20年1月、2度目の空襲を受けて状況は切迫した。

 すなわち同年3月23日から3日間にわたる空襲で、名護町民のほとんどは山中深く避難し、名護町のすべての行政機能は停止した

ページトップへ戻る

4.復興のあゆみ

 復興のあゆみは収容所から

 6月中旬から7月中旬にかけては、米車による投降勧告に応じ、あるいは捕らえられて各地の収容所所に移される。北部地区のおもな収容所は辺土名・喜如嘉・健波・田井等・瀬嵩・大浦崎・久志・宜野座・屋嘉などである。各部落にも地元住民・疎開者が「収容」された場所があった。

 捕らえられた男子は厳しい尋問ののち、軍人は屋嘉の収容所へ、住民はその他の収容所へ送りこまれた。収容所では必要最小限の食糧と衣服、それにテントが与えられた。収容所ごとに食糧配給所が設けられ、配給を待った。配給品目の主なものは米・メリケン粉・砂糖・缶詰・菓子類などで食物は一応保証されていた。彷徨生活における心身の疲労から、栄養失調やマラリアなどによる死はあとを断たなかった。特にマラリアについては罹病しない人はいないといわれるほど蔓延していた。収容所によって多少異なるが、焼け残った民家に何世帯かが一緒に暮すか、山の木を伐り出して仮小屋を作るか、またはテント張りの土間に草や、葉の繁った木の枝などを敷き詰めて寝起きした。

 各収容所は、戦後沖縄復興の基礎となったが、同時にそれはまた、四半世紀にわたる米軍統治の出発点でもあった。田井等収容所を例にとると、米軍は4月中旬には早くも軍政府を設置、して市長を任命し、治安維持のために警察署長や農業・衛生・労務の諸班長を配置して、住民自治の行政をおしすすめた。

 大浦崎収容所は現在のキャンプ・シュワープの区域に設けられ6月末に今帰仁・本部・伊江島の住民が強制的に送られ四ヶ月余の収容所生活を送った。

 8月中旬には田井等とそれに隣接する部落一帯で、約五万5000名、瀬嵩地区約三万名、大浦崎地区に焼く四万名の人々が収容所生活を送っていた。

 そんななかで、いち早く教育が開始され、女教師たちは子供に取り巻かれて安全を覚え、男たちは空き缶、パラシュートの糸で作った三味線と沖縄芝居に、いささかの慰めを得るのであった。戦場の悪夢は去った。しかしこれから長い長い戦後が始まるのである。

ページトップへ戻る

5.次世代への継承

 慰霊行事等の状況(北部地区の慰霊碑を中心に:1985年3月作成)

  • 名護市
    久志慰霊之塔 第一次世界大戦・日中戦争・太平洋戦争戦没者合敢昭和34年1959年建立(久志)
    久志村費魂之塔 日中戦争・第二次世界大戦にいたる旧久志村出身三百六十四名合稚(瀬嵩)
    和球(にぎたま)之碑
    九州五県(熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)出身者で編成された独立混成第44旅団配下の第二歩兵隊(球7071部隊:通称宇土部隊)沖縄戦での戦死者三千名合祀(名護)
    少年護郷隊之碑 第三遊撃隊(通称護郷隊)北部各青年学校教官、優秀な青年学校生徒(当時17・18才)93柱合祀(名護)
    三中健児之塔 満州事変以後今次大戦戦没した県立第三中学校の卒業生及び在校生181柱・県立第三高等女学校生徒19柱合祀(名護)
    名護平和の塔 1981年3月建立(名護)
    屋部平和之塔 旧屋部材出身者五百七十八名合配昭和35年(1960年)建立(屋部)
    羽地相慰霊之碑 仲尾次青年団が多野岳・部落周辺の遺骨を収集、洗骨二百五十余合祀(羽地)
    羽地村忠魂碑 沖縄戦における村民の無縁仏の供養以外経緯がはっきりしない。(羽地)
    済井出の慰霊塔 日露戦争以降、今次大戦までの五十四程合祀 昭和25年(1950年)建立(屋我地)
    運天原の慰霊塔 今次大戦での現役戦死者四十名合祀 昭和27年(1952年)建立(屋我地)
    屋我地相慰霊之碑 百八十九柱合祀 昭和39年(1964年)建立(屋我地)
  • 国頭村
    平和の塔(安田) 殉国志士之基(輿) 国頭村戦没者慰霊の塔(辺土名)
  • 東村
    費魂之塔(平良) 慰霊塔(平良)
  • 大宜味村
    北寛之塔(大兼久) 霊魂之塔(大兼久) 慰霊塔(塩屋) 慰霊塔(大保)
  • 今帰仁村
    慰霊塔(湧川) 南海の塔(湧川) 慰霊塔(呉我山) 中島成冶之塔(呉我山)安部充孝之塔(呉我山)
    慰霊塔(上運天) 慰霊塔(越地) 慰霊塔(平敷) 慰霊塔(仲尾次) 慰霊塔(与那嶺) 慰霊塔(諸志)
    慰霊塔(兼次) 慰霊塔(今泊)
  • 本部町
    慰霊塔(具志堅) 慰霊塔(新里) 慰霊塔(備瀬) 慰霊塔(山川) 慰婁塔(青島) 慰霊塔(大堂) 慰霊塔(瀬底)
    本部町慰霊塔(東) 県立三中学徒之碑(真部山) 清末隊(真部山)
  • 伊江島
    アニーパイルの記念碑慰霊塔
  • 恩納村
    愛馬進軍歌碑(名嘉真) 第二護郷隊之碑(安富祖) 護玉の塔(恩納) 慰霊塔(冨着) 前兼久慰霊塔(前兼久)
    仲魂之塔(仲泊) 慰霊塔(山田) 真魂之塔(寅栄田) さざなみの塔(塩屋) 慰霊塔(宇加地)
  • 宜野座村
    慰霊之塔(宜野座) 万寿之塔(宜野座)
  • 金武町
    芳魂之塔(金武) 無縁塚(金武) 金武鎮魂碑(金武) 屋嘉日本軍捕虜収容所跡砕く屋嘉)

ページトップへ戻る