総務省トップ > 政策 > 一般戦災死没者の追悼 > 国内各都市の戦災の状況 > 北谷町における戦災の状況(沖縄県)

北谷町における戦災の状況(沖縄県)

1.戦災の概況

 一九四一年(昭和一六)一二月八日に日本軍はハワイ真珠湾の米軍基地を攻撃した。それが沖縄を戦禍に巻き込んだ太平洋戦争への幕開けとなった。一九三一年(昭和六)の満州事変以降、支那事変から太平洋へと戦火が拡大し、一五年に及ぶこととなった。

 真珠湾攻撃を機に日本軍はアメリカ軍の機先を制することにより、暫くは攻勢を続けていたが一九四三年(昭和一八)に大本営が国防の為に死守する絶対国防圏を決定し強化した。強化する地域に沖縄も含まれ日本軍による沖縄諸島の防備及び基地強化が進められ沖縄戦が現実化する可能性を帯びてきた。

 一九四四(昭和一九)年のサイパン玉砕により、絶対国防圏が突破されアメリカ軍の日本への空爆が可能となり、日本全国に展開している軍需基地などが標的となった空襲が行われている。沖縄においては一九四四年十月十日に那覇を中心に大空襲があり壊滅的な被害を被った。北谷村も中飛行場(屋良:現嘉手納町)が標的となり空襲され、住民に三十三人の死傷者(死亡三十一、負傷二)、家屋の焼壊などの被害があったことの記録がある。その後も翌年の一月から三月と相次いで空襲が行われている。

 一九四五年(昭和二〇)北谷から読谷にかけての西海岸より上陸し、翌日には東海岸まで侵攻、沖縄本島を分断し南北に進撃していく。特に南部戦線では住民及び学徒隊を巻き込んだ悲惨な戦禍となる。

ページトップへ戻る

2.市民生活の状況

 一九四四年(昭和一九)三月二二日、大本営直轄の沖縄守備軍・第三二軍が創設された。その背景には、大本営の日本の絶対国防圏内であるマリアナ諸島やサイパン島などがアメリカ軍に占領されたため、直接本土攻撃の射程に入ることを意味していた。そこで、本土決戦の前に沖縄が決戦場になる事が予想されたため第三二軍が創設されて、中国戦線や本土から日本軍部隊が沖縄入りすることになった。

 北谷村においては、八月より日本軍部隊の独立歩兵一五大隊、海上挺身隊第二九戦隊が配備され、集落及び諸施設は兵舎化されるとともに住民は飛行場建設、秘匿壕掘り、戦車壕などの陣地構築作業に駆り出された。これは国家総動員法などの法令を根拠に戦況に見合った勅令なども出され、国民学校五年生以上の生徒、義勇隊(青年男子、女子挺進隊)国防婦人会が組織され動員された。このように、住民に対する徴用・勤労奉仕という名目で「根こそぎ動員」体制がとられ、農業生産活動に支障をきす耐乏生活を強いられた。そして、義勇隊や兵役の就いたことのない四五歳以上の男子で組織された防衛隊は訓練が十分でないままの実戦となりほぼ全滅に近い戦禍を被った。また、老幼婦女子及び学童の県外や北部疎開に当たっては、県外への学童疎開では三名の犠牲者を出し、北部疎開先では飢餓とマラリアとの戦いに苦しめられた。

 一方、疎開せずにいた住民は米軍上陸と同時に保護され、砂辺収容所及び北谷収容所で「戦後生活」をスタートした者もいれば、戦闘に巻き込まれながら南北へ逃げ回った末、各地の収容所に収容された者など、それぞれに様々な戦後生活をスタートすることになった。

ページトップへ戻る

3.戦災の状況

 一九四四年一〇月九日夜、アメリカ艦隊は日本軍に発見されることなく沖縄近海に接近し、翌一〇日沖縄本島に向けて攻撃隊を出撃し、五回に渡り日本軍の飛行場及び軍事施設、那覇市街地を攻撃。北谷村は第一次攻撃で中飛行場及び軍事施設が攻撃を受ける。その際の前述したとおり犠牲者が出ている。これまで、直接攻撃を受けたことがない住民は当初、友軍の演習であるとの認識であったようで、飛行場の攻撃を受けてようやく空襲であると気づき、防空壕などへ避難したという。

 上陸に先立ち、翌年三月二三日からは上陸地点となる北谷から読谷にかけての西海岸一帯は艦載機約一三〇機による上空から海岸や塹壕にナパーム弾や機銃掃射が始まり、翌日からは艦砲射撃も加わり、上陸直前までに五インチ砲、ロッケ弾、臼砲弾など約一〇万発以上撃ち込まれた。畳一枚の広さに一発の割合だという。

 上陸に際して米軍は日本軍からの反撃が予想していたがほとんど無く、従軍記者アーニーパイルは「われわれはまるでピクニックのようにチューイングガムを噛みながら上陸した」と本国に報告している。上陸を開始してほどなく北・中飛行場を占領する。その一方、中飛行場周辺で米軍と対峙した日本軍及び女子挺進隊は、激しい米軍の攻撃に合い日本軍のほとんどが戦死した。女子挺進隊二〇名中一名のみ重症を負いながらも一命をとりとめ米軍へ保護された記録がある。また、青年義勇隊、在郷軍人も同様に多くの犠牲を被った。

ページトップへ戻る

4.復興のあゆみ

 上陸後すぐ米軍は住民を保護し、砂辺収容所と北谷収容所に集められる。そして、両収容所から別の収容所へと転々とし、中部から北部にかけて設けられた収容所へ送られそれぞれの戦後のスタートをきった。終戦後、北谷村全域は基地に接収され住民の帰村は叶わなかった。

 北谷村は、越来村(現沖縄市)嘉間良に仮役所を設け帰村に備え、米軍政府に対し移動復帰要請を幾度と行い、一九四六年一〇月二二日に一部移動許可が出された。帰村許可地は険悪狭小の地でとても居住に適した場所ではなかった。また、嘉手納の立ち入りは二月と早く、居住許可は一一月であった。このような居住許可地は嘉手納基地等が展開するため北谷村の南北端に位置し、行政事務やその他の要件を処理するのに、嘉手納基地の拡大に伴い往来が遮断され迂回せざる負えない状況が生じ、分村の陳情が嘉手納地区より挙がった。これを受けて北谷村議会で分村の案件がはかられ全会一致で分村が承認された。一九四八年一二月四日に嘉手納村が誕生した。

 居住地が許された北谷村の一部は人口の増加に伴い、一九五〇年代後半に基地不要地の開放にともない、土地開発が活発化する転換の兆しが現れた。また、山間部や海岸の埋め立て、基地の細切れ返還地を開発し、町域の拡張及び居住地も増加した。

 一九七二年五月一五日の祖国復帰が成されたものの米軍用地問題の課題が山積された状況は不動のままで、北谷村は一九八〇年四月一日に北谷町となった。現在も町の約五二.三%は基地が占有している状況である。

 北谷町はこれまでに『ニライの都市』〜自然と人間が調和した、創造性豊かな活力ある民主的な地域社会〜まちづくり基本理念に掲げ、住民の豊かな生活と魅力ある地域社会の実現を目指したまちづくりを推進してきた結果、本町西海岸は若者などが集う賑わいのある「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」構想が実現し発展を遂げている。今後も住民生活を豊かにし、さらなる発展に向けたまちづくりを推進している。

ページトップへ戻る

5.次世代への継承

 一九四六年一〇月二二日は北谷町民にとって記念すべき大事な日である。終戦後は北谷全域が基地化とし、帰村が許されなかった。戦後一年以上を経てようやく前述の日に一部の地域の帰村を許された。村民は戦争によって荒廃した無残な状況である故郷を目のあたりにし、悲惨で愚かな戦争がもたらした記憶を胸に抱き復興に努めたのである。今日我々が豊かさを享受できるのはこのような過酷な歴史があったからである。これを次世代へ継承すべく、平和の尊さの誓いを込め「北谷町民平和の日」として条例で制定した。この条例に基づき北谷町では多種多様な平和推進事業を開催している。

 その例を挙げると、北谷町平和記念祭では展示や戦跡巡りを、また、多くの住民及び在郷軍人の戦没者の慰霊祭を毎年「平和の搭」で行っている。そして、広島・長崎の被爆体験を、歴史の教訓として受け止め「北谷町非核宣言」を掲げ、広島・長崎親子平和学習派遣事業を行うなどの活動を行っている。

参考文献
  • 『北谷町史』第一巻「通史編」
  • 『北谷町史』第二巻資料編1「前近代・近代文献資料」
  • 『北谷町史』第五巻「戦時体験記録」(上)(下)
  • 『北谷町史』第六巻資料編5「北谷の戦後」
  • 『戦時体験記録』北谷町
  • 『北谷町民の戦時体験記録集』(第1集)
  • 『北谷町の自然・歴史・文化』
  • 『基地と北谷町』北谷町
  • 『下勢頭誌』戦前編 
  • 『上勢頭誌』中巻通史編II
  • 『平安山ヌ上誌』
  • 『北谷町の戦跡・記念碑』
  • 『第五次北谷町総合計画−基本構想・前期基本計画』北谷町

ページトップへ戻る