平成26年度第4回政治資金適正化委員会

日時

平成26年11月4日(火) 10時30分〜11時35分

場所

総務省 10階 共用会議室2

出席委員

伊藤鉄男、小見山満、日出雄平、大竹邦実、田中秀明の各委員

議事次第

  1. 開会
  2. 議題
    (1)政治資金監査の質の向上について
    (2)国会における答弁状況について
    (3)登録政治資金監査人の登録者数及び研修等について
    (4)その他
  3. 閉会

配布資料

議事要旨

1. 平成26年度第2回政治資金適正化委員会の議事録について、委員から了承された。

2. 事務局から、「政治資金監査の質の向上について〜登録政治資金監査人に対する指導・助言のあり方〜」の説明が行われ、以下の意見及び質疑が交わされた。(資料1)


○ 個別の指導・助言文書について、どの政治資金監査に関する指摘なのか分かるようにした方が良いのではないか。ルールを明確にしておいた方が良い。

○ 個別の指導・助言文書の効果として、政治資金監査報告書の再提出をさせることまで考えているのか、それとも文書は次回以降への注意喚起であるのか、確認したい。

→ 個別の指導・助言文書は、あくまでも次回以降の注意喚起をするものであると考えている。

○ 個別の指導・助言の取組について登録政治資金監査人に周知する際には、何年分の政治資金監査から対象になるのかを、明確に伝えた方が良い。

3. 事務局から、「参議院外交防衛委員会(平成26年10月28日)における答弁状況」について説明が行われ、以下の意見が出された。(資料2)


○ 昨今の新聞等での報道に関して、必要があるものについては、次回議論することを検討してはどうか。

4. 事務局から、「登録政治資金監査人の登録者数及び研修等の実施状況」について説明が行われ、以下の意見が出された。(資料3)


○ これまでにフォローアップ研修に参加したことのある登録政治資金監査人はどれくらいいるのか。せっかく研修を開催しているので、より有効に活用できるよう考えていきたい。

5. 事務局から、今後の議論の進め方等についての説明が行われた。

ページトップへ戻る