総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「クラウドサービスの利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」(案)に対する意見募集及び取組事例の募集

報道資料

令和4年7月25日

「クラウドサービスの利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」(案)に対する意見募集及び取組事例の募集

 総務省は、今般、クラウドサービス利用・提供における適切な設定を推進するため「クラウドサービスの利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」(案)を作成しました。ついては、当該ガイドライン案について令和4年7月26日(火)から同年8月24日(水)までの間、意見を募集することとします。また、併せて、クラウドサービスの適切な設定を推進する取組について事例の募集を行います。

1 背景・趣旨

 ここ数年、クラウドサービスを利用する事業者において、情報の流失のおそれに至る事案が増加しており、クラウドサービスの利用におけるリスクとして社会的に問題となっています。
 そこで、総務省ではクラウドサービスの利用・提供における適切な設定の促進を図り、安全安心なクラウドサービスの利活用を推進するための対策について、有識者にも御意見を伺いつつ検討を行いました。
 今般、検討結果を踏まえ、「クラウドサービスの利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」(案)(概要:別紙1PDF、本体:別紙2PDF)をとりまとめましたので、この案について、令和4年7月26日(火)から同年8月24日(水)までの間、意見を募集することとします。
 また、併せて、今後の施策の参考とするため、ガイドラインの趣旨に沿って、クラウドサービスの適切な設定を推進する取組について事例の募集を行います。

2 意見募集対象資料

(1) 意見募集対象
 「クラウドサービスの利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」(案)(別紙2PDF
(2) 意見提出期限
  令和4年8月24日(水)
 (郵送の場合も令和4年8月24日(水)必着とします。)
 詳細につきましては、意見公募要領(別紙3PDF)をご覧ください。

3 資料の入手方法

 別紙2、別紙3については電子政府の総合窓口[e−Gov](https://www.e-gov.go.jp別ウィンドウで開きます)の「パブリックコメント」欄にも掲載します。

4 取組事例の募集

 本ガイドライン案の意見募集と併せて、総務省としての今後の施策の参考とするため、各企業、団体等(クラウドサービス提供者又は利用者)におけるクラウドサービスの適切な設定を推進する取組事例を募集します。
 御提出いただいた事例については御提出者様の同意を得た上で公表させていただくことがあります。

 【応募要項】
 ●提出様式
  以下いずれかのファイルにて御提出ください。
  クラウドサービス利用側の取組事例:様式(1)WORD
  クラウドサービス提供側の取組事例:様式(2)WORD
 ●提出方法
  様式(1)あるいは様式(2)をメール添付にて提出
  メールタイトル:(貴社名)クラウドサービス設定取組事例応募
  メール本文:貴社名、部署名、担当者氏名、連絡先電話番号を記載してください。
  ※確認のため御連絡させていただくことがあります。
 ●募集期限:令和4年8月24日(水)
 ●提出先メールアドレス:cloud-security-gl<@>ml.soumu.go.jp
  ※いただいた情報は適切に扱うとともに、目的外には使用しません。
  ※迷惑メール防止のため、@を「<@>」と表示しています。メールをお送りになる際には、「<@>」を@に直してください。

5 今後の予定

 寄せられた御意見を踏まえ、令和4年秋を目途に、「クラウドサービスの利用・提供における適切な設定のためのガイドライン」を公表する予定です。
連絡先
(本発表資料のお問合せ先)
総務省
サイバーセキュリティ統括官室
(担当 :井上参事官補佐、恵本主査、橋本官)
電話 :03-5253-5749(直通)
メール :cloud-security-gl<@>ml.soumu.go.jp
※迷惑メール防止のため、@を「<@>」と表示しています。メールをお送りになる際には、「<@>」を@に直してください。

ページトップへ戻る