総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 当局のICT施策 > 地域自営IoT無線システムの社会実証に向けた調査検討会

地域自営IoT無線システムの社会実証に向けた調査検討会

1 目的

 大都市郊外や地方都市部における交通・輸送等の業務に必要な移動体データ通信を効率的・経済的に実現する業務用自営IoT無線システムの構築に向け、地域自営IoT無線システムの社会実証に向けた調査検討会(主査:阪田 史郎(さかた しろう)国立大学法人千葉大学名誉教授)を開催し、地域IoT移動通信ニーズの把握と求められる利用形態等の検討を行い、電波の有効利用を促進させるものです。

2 検証と検討項目

  • 地域ニーズの調査把握
  • 求められる利用形態
  • システム設計要件及び実現性の検討
  • 社会実証試験計画案の検討

3 構成員

表:地域自営IoT無線システムの社会実証に向けた調査検討会 構成員
(令和4年3月現在、敬称略)
氏名 所属・役職
主査 阪田 史郎(さかた しろう) 国立大学法人千葉大学 名誉教授
副主査 鈴木 秀和(すずき ひでかず) 学校法人名城大学 理工学部 情報工学科 准教授
副主査 猿渡 俊介(さるわたり しゅんすけ) 国立大学法人大阪大学大学院 情報科学研究科 准教授
石原 進(いしはら すすむ) 国立大学法人静岡大学学術院 工学領域 工学部 数理システム工学科 教授
岡田 啓(おかだ ひらく) 国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学 未来材料・システム研究所 システム創成部門 准教授
高部 佳之(たかべ よしゆき) 一般財団法人移動無線センター 東海センター長
小池 幸永(こいけ ゆきなが) 株式会社サーキットデザイン 代表取締役社長
佐藤 和也(さとう かずや) 新潟通信機株式会社 技術部 主任
真島 太一(まじま たいち) 株式会社JVCケンウッド DXビジネス開発部
新規事業推進プロジェクトオーナー
小澤 裕(おざわ ゆたか) マスプロ電工株式会社 開発部 副部長
大石 通明(おおいし みちあき) 総務省東海総合通信局 無線通信部長

4 検討会開催状況

  • 第1回検討会 令和3年10月11日(月)
  • 第2回検討会 平成3年12月14日(火)
  • 第3回検討会 平成4年2月21日(月)
  • 第4回検討会 平成4年3月15日(火)

5 報告書

ページトップへ戻る