総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 報道資料一覧(2021年) > 「情報通信フロンティアセミナー」を開催 <東海地域における周波数資源開発と新たな無線システムの普及促進へ>

報道資料

令和3年5月31日

東海総合通信局

「情報通信フロンティアセミナー」を開催
<東海地域における周波数資源開発と新たな無線システムの普及促進へ>

 総務省東海総合通信局(局長 長塩 義樹(ながしお よしき))は、東海情報通信懇談会(会長 岩田 彰(いわた あきら)名古屋工業大学名誉教授)及び東海地域デジタル化推進フォーラム(注1)との共催により令和3年6月29日、「情報通信フロンティアセミナー」をオンラインで開催いたします。
 本セミナーは、「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」や「高専ワイヤレスIoT技術実証コンテスト(注2)」等、東海地域における周波数資源開発に向けた取り組みを紹介し、電波の能率的な利用と新たな無線システムの普及促進を目指すものです。

(注1) 東海地域におけるデジタル化の推進を目的に、国、地方公共団体、大学、経済界・産業界等が参画し、令和3年1月14日に発足。詳細は次のURLをご覧ください。
URL:https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/2021/0114.html

(注2) 高専生を対象に、5G及びワイヤレスIoT等のワイヤレス技術を活用することにより、地域の課題解決や新たなサービスの実現に繋がる独創的なアイデアに関する技術実証コンテスト。詳細は次のURLをご覧下さい。
URL:https://kosen-iot-contest.jp/別ウィンドウで開きます

1 日時

令和3年6月29日(火)14:00〜17:00

2 開催方法

インターネットによるオンライン配信(Zoomウェビナー)

3 共催等

共催:総務省東海総合通信局
東海情報通信懇談会
東海地域デジタル化推進フォーラム

後援:一般社団法人電子情報通信学会東海支部
情報通信月間推進協議会

4 プログラム

  1. (1) 開会あいさつ
    総務省東海総合通信局 局長 長塩 義樹
    東海情報通信懇談会 電波部会長 片山 正昭 氏
    (名古屋大学 未来材料・システム研究所 システム創成部門 教授)
  2. (2) 第1部・課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証
    1. ア 令和3年度開発実証の実施方針について
      総務省総合通信基盤局電波部移動通信課 課長補佐 川崎 大佑
    2. イ 令和2年度開発実証の実施状況
      1. (ア) MR技術を活用した遠隔作業支援の実現
        トヨタ自動車(株) プラント・環境生技部工場計画室 大前 秀樹 氏
        DX開発推進部 山田 晋 氏
      2. (イ) 観光客の滞在時間と場所の分散化の促進等に資する仕組みの実現
        (株)十六総合研究所 リサーチ部 主任研究員 田代 達生 氏
        (株)NTTドコモ 法人ビジネス本部第一法人営業部 中村 俊輔 氏
      3. (ウ) へき地診療所における中核病院による遠隔診療・リハビリ指導等の実現
        (株)エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
        情報未来イノベーション本部先端技術戦略ユニット 金田 賢 氏
        (株)NTTドコモ 法人ビジネス本部第一法人営業部 中村 俊輔 氏
    3. ウ Beyond 5G研究開発促進事業について
      国立研究開発法人 情報通信研究機構 オープンイノベーション推進本部
      総合プロデュースオフィス オフィス長 中澤 忠輝 氏
  3. (3) 第2部・高専ワイヤレスIoT開発実証コンテスト成果発表
    1. ア 高専ワイヤレスIoT技術実証コンテストについて
      運営事務局((株)サイバー創研) 佐野 浩一 氏
    2. イ 沼津工業高等専門学校(地域物産貢献大賞)
      「気温差制御法を用いた防霜ファンに対する電気代軽減の実証試験」
      チーム名:沼津茶をこよなく愛する仲間たち
      (発表 鈴木 檀 氏、遠藤 大祐 氏)
      解説:電子制御工学科 教授 鈴木 静男 氏
    3. ウ 鈴鹿工業高等専門学校(地域連携大賞)
      「琵琶湖の生態系保護のための外来魚スマート回収BOXシステム」
      チーム名: Lake Biwaをmake 美化(代表 市来原 琢也 氏)
      解説:電子情報工学科 准教授 板谷 年也 氏
    4. エ 鳥羽商船高等専門学校(スマート水産大賞)
      「漁業者と連携したAIを活用した伊勢湾の藻場の可視化・保全」
      チーム名: ezaki-lab.IoT(代表 高木 晃太 氏)
      解説:情報機械システム工学科 教授 江崎 修央 氏

5 申込方法・申込期限

 参加を希望される方は、令和3年6月22日(火)までに以下の申込みフォームからお申込み下さい。
 視聴URL等につきましては参加される方に別途ご連絡いたします。

申込みフォーム】URL:https://meiwp.jp/newton/p_enq.php?id=32別ウィンドウで開きます

問い合わせ先】総務省東海総合通信局 電波利用企画課
電話:052-971-9182
メール:kikaku-chosei-tokai@soumu.go.jp

6 個人情報の取扱い

 お申込みの際にお知らせいただいた氏名等の個人情報は、当該セミナーへの参加集約にのみ使用し、セミナー終了後廃棄します。


情報通信フロンティアセミナー 東海地域における周波数資源開発の取り組みPDF

連絡先
東海総合通信局 電波利用企画課
電話:052-971-9143

ページトップへ戻る