公立病院改革

 公立病院は、地域における基幹的な公的医療機関として、地域医療の確保のため重要な役割を果たしていますが、近年、多くの公立病院において経営状況が悪化するとともに、医師不足に伴い診療体制の縮小を余儀なくされるなど、その経営環境や医療提供体制の維持が極めて厳しい状況になっています。
 このような状況の中、公立病院が今後とも地域において必要な医療を安定的かつ継続的に提供していくためには、多くの公立病院において、抜本的な改革の実施が避けて通れない課題となっています。

新公立病院改革ガイドライン

決算状況資料

公立病院改革プラン(前公立病院改革ガイドラインに基づくもの)

報道資料等

研究会・懇談会

その他参考資料

(最終更新年月日 平成28年4月28日)

ページトップへ戻る