住民票

 「住民票の写し」は住所等を公に証明する書類として利用できます。

外国人住民特有の記載事項

 外国人住民に係る住民票には、日本人と同様に、氏名、出生の年月日、男女の別、住所等の基本事項に加え、国民健康保険や国民年金等の被保険者に関する事項が記載されます。
 さらに、外国人住民特有の事項として、国籍等に加え、住民票作成対象者の区分に応じそれぞれ次の事項が記載されます。

(1) 中長期在留者
(在留カード交付対象者)

  • 中長期在留者である旨
  • 在留カードに記載されている在留資格、在留期間及び在留期間の満了の日並びに在留カードの番号

(2) 特別永住者

  • 特別永住者である旨
  • 特別永住者証明書に記載されている特別永住者証明書の番号

(3) 一時庇護許可者又は仮滞在許可者

  • 一時庇護許可者又は仮滞在許可者である旨
  • (一時庇護許可書に記載されている)上陸期間又は仮滞在許可書に記載されている仮滞在期間

(4) 出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者

  • 出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者である旨

外国人住民に係る住民票の記載事項一覧

  1. 氏名(住民票に通称が記載されている場合は、氏名及び通称)
  2. 出生の年月日
  3. 男女の別
  4. (世帯主である場合)世帯主である旨
    (世帯主でない場合)世帯主の氏名及び世帯主との続柄
  5. 住所(及び転居した場合はその住所を定めた年月日)
  6. 転入届出の年月日及び従前の住所
  7. 国民健康保険の資格に関する事項
  8. 後期高齢者医療の資格に関する事項
  9. 介護保険の資格に関する事項
  10. 国民年金の資格に関する事項
  11. 児童手当の受給資格に関する事項
  12. 米穀の配給に関する事項
  13. 住民票コード
  14. その他政令で定める事項
  15. 国籍・地域
  16. 外国人住民となった年月日
  17. 中長期在留者等である旨
  18. 在留カードに記載されている在留資格、在留期間、在留期間の満了の日、在留カードの番号等
  19. 通称の記載及び削除に関する事項

住民票の写しの交付

 住民基本台帳に記載されている方は、市区町村長に対して、本人または同一世帯の方の「住民票の写し」の交付を請求することができます。  「住民票の写し」の請求に関する手続やご案内については、お住まいの市町村へお問合せ下さい。

※平成24年7月9日より前の住所は住民票には記載されません。

※これまで市区町村で保管されていた「外国人登録原票」は、平成24年7月9日から法務省で保管されています。

 外国人登録原票に係る開示請求について(法務省ホームページへリンク)別ウィンドウで開きます

※配偶者からの暴力(DV)、ストーカー行為等、児童虐待及びこれに準ずる行為の被害者の方は、申出等によって、住民基本台帳の写しの交付請求等を制限できます。詳しくはこちらをご参照くださいPDF

ページトップへ戻る