総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 住民基本台帳等

住民基本台帳等

トピックス

住民基本台帳とは

 住民基本台帳は、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したもので、住民の方々に関する事務処理の基礎となるものです。
 住民基本台帳の閲覧や住民票の写しの交付などにより、住民の方々の居住関係を公証するとともに、以下に掲げる事務処理のために利用されています。

  • 選挙人名簿への登録
  • 国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、国民年金の被保険者の資格の確認
  • 児童手当の受給資格の確認
  • 学齢簿の作成
  • 生活保護及び予防接種に関する事務
  • 印鑑登録に関する事務

<関連資料>  など

住民基本台帳のネットワーク化

 平成11年の住民基本台帳法(以下「住基法」という。)の改正により、行政機関等に対する本人確認情報の提供や市町村の区域を越えた住民基本台帳に関する事務の処理を行うため、地方公共団体共同のシステムとして、各市町村の住民基本台帳のネットワーク化を図りました。

住基カード

 住民基本台帳カード(住基カード)は、お住まいの市区町村で、簡単に交付が受けられるセキュリティに優れたICカードです。行政手続をインターネットで申請などができる電子政府・電子自治体の基盤ともなるものであり、利便性の向上、行政事務の効率化に役立つものです。
 平成21年4月20日より、新しい住基カードが発行されています。新しい住基カードは、今まで以上に本人確認機能が強化されたものとなっています。(詳細は「住民基本台帳カード総合情報サイト」へ)

なお、これまでに発行された住基カードも引き続き使用可能です。

住基カードのイラスト

ページトップへ戻る