よくある質問 2章 新4K8K衛星放送対応の受信機

質問

回答

新4K8K衛星放送のうち4K対応のテレビ

問2-1: 「4Kテレビ」、「4K対応テレビ」、「8Kテレビ」、「8K対応テレビ」とはどのような意味ですか?

答2-1: JEITA(※1)のガイドライン「4K・8K映像表示が可能なテレビジョン受信機の呼称について」では、以下のように定義されています。

4K対応テレビ
  • (1) 水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上を有する表示デバイス(液晶パネル等)を搭載
  • (2) デジタルハイビジョンチューナー内蔵
  • (3) デジタルハイビジョン映像と4K映像信号を表示できる
  • (4) アスペクト比(有効画面):【16:9】を基本とする
  • (5) 59.94(≒60)Hz以上のフレームレートで表示が出来るを満たすテレビのこと。
4Kテレビ

上記の4K対応テレビの (1)〜 (5) に加えて

  • (6) 4K放送をテレビ本体で受信可能(※2)

を満たすテレビのこと。

8K対応テレビ
  • (1) 水平7,680画素以上かつ垂直4,320画素以上を有する表示デバイス(液晶パネル等)を搭載
  • (2) デジタルハイビジョンチューナー内蔵
  • (3) デジタルハイビジョン映像と4K映像、8K映像信号を表示できる
  • (4) アスペクト比(有効画面):【16:9】を基本とする
  • (5) 59.94(≒60)Hz以上のフレームレートで表示が出来る

を満たすテレビのこと。

8Kテレビ

上記の4K対応テレビの (1)〜 (5) に加えて

  • (6) 8K放送をテレビ本体で受信可能(※2)

を満たすテレビのこと。

  • ※1: (一社)電子情報技術産業協会
  • ※2: ここでは、衛星による4K・8K放送、IPTVによる4K放送・配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)の内、1つ以上の受信機能をテレビ本体に搭載していることを指します。

ページトップへ戻る

問2-2: 2018年に始まった新4K8K衛星放送の4K放送は既に所有している4Kテレビで見られますか?

答2-2: 新4K8K衛星放送では、これまでと異なる方式で送信されます(高度広帯域伝送方式)。

 この新しい放送の受信機能が搭載されていない4Kテレビをお持ちの場合は、外付けの4Kチューナーなどを別途ご購入いただき、テレビに接続することで視聴いただくことができます。(※)

※: お手持ちの4Kテレビや4K対応テレビのHDMI端子を事前に確認し、HDCP 2.2と4K 60Hz入力に対応していることをご確認ください。

 なお、4Kテレビや4K対応テレビに4Kチューナーを追加して視聴する場合、一定の性能以上のHDMIケーブルで接続してください。

2017年6月現在、発売されている4Kテレビや4K対応テレビには、BS・110度CSの4K実用放送の受信機能は搭載されていませんので、それらテレビだけで、この新しい放送を視聴することはできませんが、今後発売される対応チューナーなどを別途ご購入いただき、テレビに接続することで視聴いただくことができます。なお、それ以外に、右旋左旋対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に交換が必要な場合があります。HDMIケーブルは、カテゴリー2(HIGH SPEED)に対応したものが必要です。テレビのHDMI端子は、HDCP2.2と4K60Hzに対応している必要があります。

 また、BS右旋で放送される4K放送は、アンテナ等の機器交換を行うことなく見ることができる場合がありますが、安定して視聴するには、受信設備の確認が必要です。

 さらに、BS左旋及び東経110度CS左旋を含めた全ての4K・8K放送をお楽しみいただくには、右旋・左旋対応のアンテナへの交換のほか、お使いのブースター、分配器、分波器、テレビ端子等も対応機器へ交換する必要があります。

 交換にあたりBS及び東経110度CS右左旋放送受信帯域に対応していることを示すシンボルマークである「SHマーク(※)」が付いている機器もありますので参考としてください。

 なお、ご使用の同軸ケーブルによっては伝送できない場合があり、交換していただくことが必要になる場合があります。

※: 3章の問3-2:受信システム機器のSHマークとは何ですか?をご参照ください。

放送衛星から送信される電波は、らせん状に回転しています。これは、電波の偏波面(電界の振動面)が時間とともに回転している、という意味です。この「らせんの向き」を変えるとチャンネルを増やせるため、BS及び東経110度CSの4K放送では、従来の右旋に加え左旋も使う予定です。このため、左旋の4K放送を見るためには、ご家庭のアンテナが右旋しか受信できないタイプの場合、左旋も受信可能なアンテナへ交換が必要です。

放送衛星からの電波は、アンテナで受信した後、宅内伝送に適した周波数の信号に変換されます。左旋の宅内伝送用の周波数は、従来の右旋の宅内伝送用の周波数より高く配置されているため、左旋の放送を視聴するには、高い周波数に対応した配線等が必要です。全ての左旋の放送を視聴するためには、「3224MHz」に対応した配線等(分配器、分波器、ブースター、テレビ端子等)に交換が必要となります。BS右旋は1032MHzから1489MHzを、110度CS放送は1595MHzから2017MHzを、新しく始まるBS左旋は、2224MHzから2681MHzを、同様に新しく始まる110度CS左旋は、2748MHzから3224MHzまでを、宅内伝送用の周波数として使用します。

左旋の放送を視聴する場合、右旋左旋対応のアンテナへの交換に加え、高い周波数の信号を伝送できない配線等(ブースター、分配器、分波器、テレビ端子等)は、交換が必要となります。BS/CSアンテナとは、衛星放送の電波を受信し、宅内に伝送しやすい中間周波数帯(1〜3GHz帯)の信号に変換するものを言い、左旋に対応していない場合は交換が必要な場合があります。HDMIケーブルとは、チューナー等とテレビをつなぐために用いられ、カテゴリー2(HIGH SPEED)に対応していない場合は交換が必要な場合があります。ブースターは、信号を増幅する機器であり、分配器は、各部屋へ配線するために分配するために用いる機器ですが、2224MHz以上の中間周波数に対応していない倍は、交換が必要な場合があります。同軸ケーブル、テレビ端子も、2224MHz以上の中間周波数に対応していない場合は、交換が必要な場合があります。

ページトップへ戻る

問2-3: 新4K8K衛星放送をみるには、なぜ対応の受信機を買わなければならないのですか?

答2-3: 新4K8K衛星放送は、従来の放送とは異なる新しい技術を用いるため、現在のテレビでそのまま視聴することはできず、外付けチューナー等の新たな機器の購入や、受信設備の改修が必要となります。新4K8K衛星放送の開始後も、従来の放送はこれまで通り継続され、現在のテレビで変わらず視聴することができます。このため、従来の放送だけを受信されるのであれば、この新4K8K衛星放送用の受信機を買う必要はありません。

ページトップへ戻る

問2-4: 新4K8K衛星放送の対応チューナーや新4K8K衛星放送が受信できるテレビの価格はどのくらいですか?

答2-4: 価格はメーカーへお問い合わせください。

ページトップへ戻る

問2-5: 新4K8K衛星放送の4K放送を見たいのですが、今回、購入した4Kテレビは無駄になってしまうのでしょうか?

答2-5: 外付けチューナーなどを別途ご購入いただきテレビに接続することで(※)、新4K8K衛星放送の4K放送も視聴していただくことができます。

※: お手持ちの4Kテレビや4K対応テレビのHDMI端子を事前に確認し、HDCP 2.2と4K 60Hz入力に対応していることをご確認ください。

 なお、4Kテレビや4K対応テレビに4Kチューナーを追加して視聴する場合、一定の性能以上のHDMIケーブルで接続してください。

ページトップへ戻る

問2-6: 新4K8K衛星放送対応のハードディスクレコーダーなどの録画機の発売予定はありますか?発売された場合、録画やダビングはどうなりますか?

答2-6: 2018年12月現在、一部のメーカーからハードディスクレコーダーなどの録画機が発売されています。

 現行の地デジ、BS及び東経110度CS放送(2K)と同様に録画出来ます。

ページトップへ戻る