コロンビア(最終更新:平成27年度) Republic of Colombia

各市場の主な動向 :
主要基礎データ集 :
より詳細な監督機関・法律・政策等の情報 :

市場の動向

インターネット・ブロードバンド市場

2013年末のインターネット世帯普及率は43%まで伸びたと推定されているが、まだ地域間格差が激しく、人口100人当たりのブロードバンド普及率が首都では10%を超えているのに対し、1%に満たない地方も多い。

主要事業者はクラロ(ケーブル)、Une-EPM(ケーブル、ADSL、WiMAX)、モビスター・コロンビア(ADSL、WiMAX)、ETB(ADSL)で、この4社で市場シェアの約85%を占める。ETBは2013年末に首都でFTTHサービスを開始、2015年末までに首都の80%の世帯をカバーするとしている。モバイル・ブロードバンド利用者は急速に伸びており、2014年末には普及率が45%に達した。

ブロードバンド加入者及び普及率(2010-2014年)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
ブロードバンド加入者数(千) 2,643 3,348 3,939 4,538 5,026
ブロードバンド普及率 5.7% 7.1% 8.3% 9.4% 10.3%

出所:ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2015

携帯電話市場

ネットワーク事業者は、クラロ、モビスター・コロンビア、EPMとルクセンブルクのミリコム・インターナショナル・セルラー(MIC)の合弁会社ティゴ・コロンビア、法人向けにiDEN方式でサービスを提供しているAvantelの4社であったが、2013年6月にLTE向け周波数オークションで免許を落札したUne-EPM(2014年4月に商用サービス開始)、ディレクTV(同2014年7月)が市場に参入した。

MVNOについては、Uff、Virgin、ETB、Une-EPM及びExitoがティゴ・コロンビアの通信網を用いてサービスを提供している。

3Gサービスはクラロ、モビスター・コロンビア、ティゴ・コロンビアの3社が提供しているが、LTEのサービス開始後やや減少傾向にある。LTEサービスは、2013年12月から、Avantel、モビスター・コロンビア、ティゴ・コロンビア、クラロ、Une-EPM、ディレクTVの事業者が、相次いで商用サービスを開始し、全国の中心都市で利用が可能になった。

携帯電話加入者数及び普及率(2010-2014年)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
携帯電話加入者数(千) 44,478 46,200 49,066 50,295 55,331
携帯電話普及率 95.8% 98.1% 102.9% 104.1% 113.1%

出所:ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2015

固定電話市場

PSTN方式の固定電話の加入者が減少を続ける一方で、ブロードバンド接続プロバイダによるトリプルプレイの伸長から、IP電話利用が伸びている。

PSTN方式では、国営事業者のETB、EPN、EmCaliの3事業者が、それぞれの事業地域で支配的な地位を保っていたが、2014年にいずれも加入者の大幅な減少を見て、シェアの合計は50%を下回った。

民営の事業者としては、スペイン・テレフォニカの子会社テレフォニカ・コロンビアや、メキシコのアメリカ・モビルの子会社クラロ等が市場に参入している。

固定電話加入者数及び普及率(2010-2014年)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
固定電話加入者数(千) 7,186 7,127 7,066 7,141 7,181
固定電話普及率 15.5% 15.1% 14.8% 14.8% 14.7%

出所:ITU World Telecommunication/ICT Indicators Database, 2015

放送市場

地上放送

テレビ受像機の普及率はほぼ100%である。地上テレビ放送は、公共放送のRTVCが3系統(総合、教養、娯楽)で全国放送を実施している。商業放送事業者で全国放送を実施しているのは、CaracolテレビジョンとRCNテレビジョンの2社のみであるが、ローカル放送事業者は8社、その他44のエリア放送局が番組放送を行っている。地上デジタル放送は、RTVCが実施している。

有料放送

衛星放送は、ディレクTVコロンビアのほか、通信事業者モビスター・コロンビアも首都を中心にインターネットとのバンドル・サービスとしてDTH放送番組の配信を実施している。政府は2014年10月、地上放送の非カバー地域に対し、公共放送を中心にDTHでの番組配信を実施するプロジェクトを開始、10年間で306自治体に衛星放送システムを導入するため、7,050万COPの予算を設定している。ケーブルテレビ加入世帯数は衛星を超え、クラロとUne-EPMが2大事業者である。

重要政策動向

国家デジタル化計画「Vive Digital

2010年9月、政府は全国の都市への光ファイバ基盤設置及びインターネット接続及び利用の普及を目標とした2014年までの国家デジタル化計画「Vive Digital」を発表し、2014年までに達成すべき目標として以下を掲げた。

  • 光ファイバ網に接続可能な自治体を3年間に3倍の1,053とする
  • 50%の中小企業と一般世帯がインターネットに接続する
  • インターネット利用者数を4倍の880万とする

この計画の実現のため、政府は全国の32地方のうち26地方と共同投資プロジェクトを実施、投資総額は2013年末までに約330億COPに上った。2013年1月までに226の自治体に新たに光ファイバが敷設された。2011年11月には、Azteca社が光ファイバ・バックボーン事業者に指定され、2015年3月までに国内の80%の地域、769の自治体をカバーする全長20,500kmのファイバを敷設した。

基礎データ集

国の基礎データ

政体

共和制

面積

113万8,910㎢

人口

4,629万人(2015年)

首都

ボゴタ

公用語

スペイン語

経済関連データ

通貨単位

1コロンビア・ペソ(COP)=0.039円(2016年12月末)

会計年度

1月から1年間

GDP

2,920億8,016万USD(2015年)

出所:World Bank, World Development Indicators Database

法律

通信 2009年法律第1341号
放送 2001年法律第640号、2012年法律第1507号 等

監督機関

通信 情報技術通信省、通信規制委員会
放送 国立テレビ協会
© 2018 Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.