自治大学校の沿革

昭和28年 8月 1日 自治大学校設置法施行(昭和59年6月廃止、自治省設置法へ)
昭和28年10月 1日 自治大学校開校(東京都港区麻布材木町、地方職員共済組合所有建物借用
昭和29年 5月 1日 東京都港区麻布富士見町三番地(港区南麻布4-6-2)に移転
昭和29年 5月10日 第2部課程開設
昭和30年 6月 1日 第3部課程開設
昭和33年 5月 6日 寄宿舎(麗沢寮)完成
昭和36年 1月12日 麻布校舎完成
昭和46年 6月 1日 寄宿舎(洗心寮)完成
昭和48年10月23日 寄宿舎(麗沢寮別館)完成
昭和51年 3月24日 資料館完成
昭和54年 7月 9日 研修専門課程開設
昭和58年 8月 2日 税務専門課程(税務会計特別コース)開設
昭和63年 9月19日 第1部特別課程開設
平成 8年 8月21日 第2部特別課程開設
平成12年 4月 6日 監査専門課程開設
平成13年 1月 6日 総務省発足に伴い総務省の施設等機関となる
平成15年 3月14日 麻布校舎閉校式挙行
平成15年 3月31日 麻布校舎(港区麻布4-6-2)閉校
平成15年 4月 1日 立川校舎(立川市緑町3591番地(現:緑町10番地の1))開校
平成15年 4月14日 立川校舎開校式並びに自治大学校創立50周年記念式典挙行
平成15年 9月 2日 税務専門課程(徴収事務コース)開設
平成15年 9月17日 第1部特別課程と第2部特別課程の合同開催開始
平成17年10月 6日 卒業生5万人突破
平成18年 7月15日 e−ラーニング導入(第1部・第2部特別課程通信研修)
平成20年 7月 1日 第3部課程(新時代・地域経営コース)開設

ページトップへ戻る