自治大学校校友会

 自治大学校校友会は、昭和30年3月に自治大学校卒業生、修了生を会員とし、会員相互の親睦と研鑽を目的として設立されました。校友会設立以前にも卒業生は各部各期毎に同窓会を作るなどして親睦を図ってきましたが、昭和30年には600人を超える卒業生が見込まれるに至って、各期を一貫した同窓会組織の設立の要望が高まりました。そこで各部各期の代表者と学校当局が打ち合わせを行った結果、昭和30年3月26日の第1部第3期の卒業式と併せ自治大学校校友会が発足することとなりました。以来、60年以上にわたり毎年会員は増加し、令和3年3月末日においてはその数63,000人(累計)に上り、全国の地方公共団体等でご活躍されています。

校友会の活動内容

 自治大学校校友会は、発足以来、様々な活動を行ってきました。その代表的なものとして、「校友だよりの発行」、「校友会メールの運営」、「校友会総会の開催」があげられます。

1 校友だよりの発行

 昭和33年3月1日には校友会の機関誌である「校友だより」をタブロイド判で創刊しました。創刊以来定期的に発行を重ね、近年では年2回(夏と冬)A4判で発行しており、最新号はNo.116号(令和4年2月発行)となっています。校長や卒業生である首長による巻頭言をはじめ在校生による近況報告、卒業生や各都道府県支部による総会や同窓会の模様などを掲載しています。
 「校友だより」は、在校生に配布しているほか、各支部を通して各会員に送付しています。また、下記の校友会の校友会メールを通じて閲覧することもできます。
 

2 自治大学校校友会メールの運営

 校友会の会員相互のネットワークの拡充・強化を目的として、会員相互の情報交換のほか、校友会事務局や自治大学校からの情報提供の場として、インターネットを活用した「自治大学校校友会メール」を運営しております。
 前述のとおり「校友だより」の閲覧も可能で、令和4年3月現在で、約6,300名の会員が参加されております。

3 校友会総会の開催

 自治大学校校友会では、定期総会を毎年1回開催しております。また、前年度の自治大学校卒業生を対象とした「事後研修会」(自治大学校との共催)も同時に行っております。
 
 「第66回総会」は、新型コロナウィルス感染症の拡大状況を受け、令和元年10月以降開催を見送ってまいりましたが、令和4年3月18日(金)に自治大学校講堂で2年半ぶりに開催されました。
 
 
 総会において事務局から提出された議案は、以下のとおりで、いずれも賛成多数で承認・可決されました。
 
 ・令和2年度事業報告及び決算報告
 ・令和4年度事業計画及び予算(案)
 ・役員の改選(案)
 
 また、事後研修会には、令和元年度及び2年度の卒業生約200名の方にご参加いただきました。今回は、卒業生が入校中に校長をつとめられた佐々木浩元校長及び赤松俊彦前校長にご講演をいただいたほか、自治大学校の研修に関して卒業生からの意見をうかがう意見交換会が実施され、盛況のなか終了いたしました。


卒業生との記念撮影

 
「佐々木元校長と令和元年度卒業生」


 
「赤松前校長と令和2年度卒業生」

ページトップへ戻る