政策評価

政策評価とは

 各府省は、実施している事務・事業の政策について自ら評価し、その結果を政策の企画・立案等に反映させるとともに、その結果などの情報を国民に公表しています。
 この制度は、平成13年1月から全政府的に導入され、平成14年4月からは、「行政機関が行う政策の評価に関する法律」(平成13年法律第86号)に基づき実施されています。

総務省行政評価局の役割

 総務省行政評価局は、各府省の政策評価の客観的かつ厳格な実施を担保するための評価を行うとともに、評価専担組織の立場から、各府省の政策の統一性又は総合性を確保するための評価を担っています。
 管区行政評価(支)局・行政評価事務所は、この評価を行うための実地調査を担当しています(行政評価局調査参照)。
 また、管区行政評価(支)局・行政評価事務所は、政策評価に関する情報を知りたいという方々のために身近に何でも問い合わせができるよう、政策評価情報の所在案内窓口を開設しています。問い合わせは、窓口のほか、電話・ファクシミリでも受け付けています。
 この窓口では、各府省が行う政策評価に関する情報の所在案内を行うとともに、政策評価制度全般に係るさまざまな問い合わせやご意見・ご要望を受け付けています。
 なお、この窓口のほかに直接、各府省のホームページから当該府省に係る政策評価に関する情報を見ることができます。
 また、総務省のホームページの「政策評価ポータルサイト」では、すべての府省についての政策評価情報の所在が分かる案内情報を見ることができます

福井行政監視行政相談センターの政策評価情報の所在案内窓口

 (電話) 0776-24-0403(代表)
 (FAX) 0776-26-4445
 (インターネット) 受付はこちらから

 

ページトップへ戻る