総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 当局のICT施策 > 臨海地域における災害時の通信手段の確保に関する調査検討会

臨海地域における災害時の通信手段の確保に関する調査検討会

1 目的

 総務省東海総合通信局では、本年3月から6月まで、臨海地域における災害時の通信手段の確保に関する調査検討会(座長:岡田 啓(おかだ ひらく) 名古屋大学准教授)を開催し、四日市市にある四日市港及び霞コンビナート地域をモデルケースとした臨海地域における災害時の通信手段の確保について関係者間で検討・整理し、その結果を無線ハンドブックとして取りまとめることとするものです。

2 検討項目

  1. 災害時に求められる無線通信システムのニーズ把握
  2. 無線通信システムの事例提案
  3. 無線ハンドブックの策定

3 構成員

表:調査検討会構成員一覧
氏名 所属・役職
岡田 啓(おかだ ひらく) 国立大学法人名古屋大学 【座長】 未来材料・システム研究所 准教授
赤桐 賢治(あかぎり けんじ) 東ソー株式会社 四日市事業所 総務部総務課 課長補佐
篭橋 美久(かごはし よしひさ) 一般社団法人全国陸上無線協会 東海支部長
中桐 浩司(なかぎり こうじ) アイコム株式会社 国内営業部 東京営業所 2グループ 課長
藤本 建二(ふじもと けんじ) 株式会社ジャパンエニックス 関西支店長
前嶋 拓(まえじま たく) KDDI株式会社 名古屋テクニカルセンター フィールドグループ グループリーダー
室 博也(むろ ひろや) 四日市港管理組合 経営企画部 施設保全課 課長
山田 範人(やまだ のりと) 一般財団法人移動無線センター 東海センター 利用推進部 課長
米田 昌司(よねだ しょうじ) 三重県 防災対策部 防災対策総務課 課長
渡川 洋人(わたりかわ ひろと) 株式会社JVCケンウッド 無線システム事業部 国内システム開発部 シニアマネージャ

4 会議等開催状況

検討会
  • 第1回検討会(平成29年3月14日)
  • 第2回検討会(平成29年5月11日)
  • 第3回検討会(平成29年6月28日)

5 関連報道資料

6 無線ハンドブック

ページトップへ戻る