総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 電気通信紛争処理委員会

概要

電気通信紛争処理委員会

 電気通信紛争処理委員会は、通信・放送事業者間で協定・契約に関する協議が難航した際、解決に向けてお手伝いします。

例えば次のような場合 電気通信事業者と電気通信事業者間 (例)ダークファイバの利用を断られた。接続料について合意できない。 MVNOとなって移動通信サービスを提供したいが、携帯電話事業者等との契約の協議が調わない。 ケーブルテレビ事業者と基幹放送事業者間 (例)地上テレビジョン放送の再放送の同意について協議したが、合意にいたらない。等
迅速・公正に解決します。 「あっせん・仲裁(無料・非公開)」
委員会の委員・特別委員による専門性を活かしたあっせん・仲裁により、これまで、6割を超える事案を解決しています。
お気軽にご相談ください。 「事業者等相談窓口(無料・非公開)」
事業者間協議等が難航した場合の相談に応じ、アドバイスや参考情報の提供などを行っています。

新着情報

委員会パンフレット

委員会パンフレット 「通信・放送事業者間での問題 無料・非公開の相談・あっせんで解決しませんか?」あっせんを中心としてイラストを交えてわかりやすくまとめたパンフレットです。

委員会パンフレット
「通信・放送事業者間での問題 無料・非公開の相談・あっせんで解決しませんか?」PDF

あっせんを中心としてイラストを交えてわかりやすくまとめたパンフレットです。

ページトップへ戻る