連続講座

 地域主権の確立を進めるに当たっては、地域を活性化していくことが不可欠であり、地域の活性化は、住民や地域との協働が大前提です。このため総務省では、地方公務員のみならず、地域おこしに必要な人材を育成するため、地域おこしに参画する団体やNPOのメンバー、地域おこし協力隊員、集落支援員、学生等を対象に、地域活性化に必要な「地域力」とは何か、地域おこしにおける住民と行政との協働のあり方、地域おこしに必要な人材育成の方策、地域おこしのヒント等について、研鑽を積み、地域力を支える人材となれる方々の育成を目的として、大学や都道府県、市町村振興会等と連携し、連続講座を実施しています。

○ 主催

 地方公共団体(大学、関係団体等を含む。)又は地方公共団体と総務省の共催

○ 対象

 地方公務員、地域おこしに参画する団体及びNPOメンバー、地域おこし協力隊員、集落支援員、学生等

○ 講師

 総務省職員、大学教授、総務省地域力創造アドバイザー等

○ カリキュラム

 2日〜4日間の日程で2時間×5コマ程度

○ 今後の開催予定

○ 開催実績

【平成27年度】

【平成26年度】

【平成25年度】

【平成24年度】

【平成23年度】

【平成22年度】

ページトップへ戻る