総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地域力の創造・地方の再生 > 子ども農山漁村交流プロジェクト

子ども農山漁村交流プロジェクト

トピックス

◎『子ども農山漁村交流プロジェクトセミナー』の開催
 「子ども農山漁村交流プロジェクト」は、農林漁業体験や宿泊体験、地域住民との交流を通じて、子どもたちの生きる力を育むとともに、交流の創出による地域再生や活性化を目的として取り組んでいます。
 このたび、子ども農山漁村交流の取組を拡大、定着させていくため、新たに取組を考える団体等をはじめ、さらに進展を考えている団体等に、教育効果に関する特別講演、学校・地域の優れた取組事例の発表などを元に、学校と地域が協働で取り組む重要性、課題解決の方向性を考える機会のほか、関係者のネットワーク形成のため、本セミナーを開催します。

・平成28年11月29日(火)  13:00〜17:00
  <場所:「マリオス」 18階 181会議室(盛岡市盛岡駅西通二丁目9番1号)>

   主催:総務省・文部科学省・農林水産省、環境省
   後援:岩手県、岩手県教育委員会
   対象:自治体職員、教育委員会職員、学校教職員、PTA・NPO関係者、
       受入地域団体、教育や地域づくりに関心のある方等

※詳細については、ちらしPDFをご参照ください。


◎平成28年度『子ども農山漁村交流プロジェクト研修』の開催
 子どもの農山漁村交流は、子どもたちの学ぶ意欲や自立心を育むとともに、農山漁村の活性化につながります。
 この研修では、先進的な事例の紹介のほか、現地研修やプログラムづくりを実際に行うことにより、本プロジェクトの実施にあたっての気になる点の解消をめざします。また、全国各地の関係者相互の交流、ネットワークづくりの機会として開催します。

・平成28年7月27日(水)〜29日(金)
  <場所:全国市町村国際文化研修所>

   主催:総務省・文部科学省・農林水産省、環境省
   対象:市区町村・都道府県職員、市区町村・都道府県教育委員会職員、学校教職員、
        市区町村・都道府県が推薦する受入地域協議会、NPO、PTA関係者等の皆様

※3日間全日程をご受講いただける方を対象とします。途中退所や一時帰庁はできませんのでご注意ください。
※詳細については、ちらしをご参照ください。     


◎「子ども農山漁村交流プロジェクト」を取り組もうとされている皆様へ
  総務省では、「子ども農山漁村交流プロジェクト」を取り組まれる皆様を応援するため新たなコーナーを立ち上げました。
  学校側(送り手)・受入側の皆様の課題解決のためにQ&A形式で、解決方法をご案内しております。
  こちらをご覧ください。

  


セミナー・研修開催実績

  日程・場所 その他
子ども農山漁村交流プロジェクトセミナー 平成28年10月28日(金)
京都平安ホテル
ちらしPDF
平成27年度子ども農山漁村交流プロジェクト研修 平成27年7月29日(水)〜31日(金)
全国市町村国際文化研修所
ちらし
子ども農山漁村交流プロジェクトセミナー 平成27年2月25日(水)
エッサム神田ホール
ちらしPDF
平成26年度子ども農山漁村交流プロジェクト研修 平成26年8月6日(水)〜8日(金)
全国市町村国際文化研修所
ちらし
平成25年度子ども農山漁村交流プロジェクト研修 平成25年8月7日(水)〜9日(金)
全国市町村国際文化研修所
ご案内はこちら
子ども農山漁村交流プロジェクトセミナーin神戸 平成24年11月22日(木)
兵庫県庁西館大会議室
ちらし
子ども農山漁村交流プロジェクトセミナーin大館 平成24年8月23日(木)
  ※ 翌日24日(金)には現地視察
大館市民文化会館
実施概要 PDF
平成24年度子ども農山漁村交流プロジェクト研修 平成24年7月30日(月)〜8月1日(水)
全国市町村国際文化研修所
ちらし
子ども農山漁村交流プロジェクトセミナーin愛媛 平成24年2月25日
愛南町御荘文化センターホール
ご案内はこちら
子ども農山漁村交流プロジェクトセミナーin出水 平成24年2月21日
鹿児島県出水市中央公民館
ご案内はこちら
平成23年度子ども農山漁村交流プロジェクト研修 平成23年8月10日(水)〜12日
全国市町村国際文化研修所
ちらし



◎子ども農山漁村交流による地域活性化モデル事業
平成27年度当初予算分
 報告書PDF

過去の実績
・平成26年度当初予算分
 報告書PDF
・平成25年度補正予算分
 報告書PDF

 

制度概要について

◎「子ども農山漁村交流プロジェクト」とは
「子ども農山漁村交流プロジェクト」とは、小学校の児童生徒が行う長期宿泊体験活動であって、農山漁村での自然体験や農林漁業体験等を行うなど、当該児童生徒が宿泊体験活動を行う地域の住民と接触する機会が確保され、かつ当該児童生徒が農林漁業等の受入地域の住民の営み又は受入地域の自然や文化を体験する機会が確保されているものを言います。

・子どもたちの生きる力の育成や、農山漁村の地域活性化につながる、自然の中での集団宿泊活動を行う小学校の取組を推進するため、総務省、文部科学省、農林水産省は、連携して支援を行っています。
子ども農山漁村交流プロジェクト推進施策の概要PDF

・総務省は、小学校の児童が行う宿泊体験活動であって、受入地域の住民との触れ合いや農林漁業等の営みを体験する機会が確保されている地方単独で実施する取組に対して、支援しています。
「子ども農山漁村交流プロジェクト」に対する特別交付税措置についてPDF


 

参考資料

関連リンク

ページトップへ戻る