総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北海道総合通信局 > 各種手続き > アナログ簡易無線からデジタル簡易無線への変更申請について

アナログ簡易無線からデジタル簡易無線への変更申請について

このページでは、アナログからデジタルへの変更申請に対応するため、当該変更内容に限定してご案内します。

他の変更もあわせてご希望の場合は、お問い合わせいただくか、変更申請のページをご参照ください。

1. 申請書類の提出部数について

  1. (1) 変更申請(届)書  1部

  2. (2) 事項書・工事設計書  1部

  3. (3) 免許状の郵送を希望される場合は返信用封筒(切手を貼って返信先を記入したもの)

  4.   ※免許状はA4版の大きさです。

  5.   ※なお、次の場合、返信用封筒は必要ありません。

  6.       ・免許状の記載事項に変更を伴わない場合。

  7.       ・無線局免許証票の発給を伴わない場合。(無線設備を変更しない場合)

2  届出書の提出部数・手数料について

申請手数料は不要です。

3. 呼出名称記憶装置及びATIS番号について

  1. (1) 呼出名称記憶装置

  2.       デジタル簡易無線には呼出名称を自動的に送信するための「呼出名称記憶装置」というものが備え付けられています。

          この装置に記憶されているのは、数字の「1」から始まる9桁の番号で、無線機本体に表示されています。

          申請の際は、この9桁の番号を事項書の識別信号欄に記入してください。

          「2」から始まる9桁の番号は「登録局」ですのでこちらをご覧ください。

          なお、デュアルモード機で申請される場合は、アナログとデジタルの双方の呼出名称を識別信号の欄に記入していただくことになります。

          詳しくは様式ダウンロードの記載例をご覧ください。

  3. (2) ATIS番号

  4.       デジタル簡易無線では、アナログで使用している「ATIS番号」は使用しませんが、デュアルモード機で申請される場合は「ATIS番号」の記載が必要です。

          詳しくは様式ダウンロードの記載例をご覧ください。

4. 様式ダウンロード

※ 一部のOSをご使用の方は、一太郎形式でのダウンロードができない場合があります。

変更申請及び免許状訂正申請に用いる「申請書」は電波法で定められた様式がありませんので、申請者自身で作成してください。以下に推奨版をご案内します。

※ご自身で申請書を作成された場合は、記載内容を事前に確認することも可能ですので、電話にてお問い合わせください。

書類名 ダウンロード
申請書 WORDWORD 一太郎 記載例PDFPDF
事項書・工事設計書 EXCELEXCEL PDFPDF 記載例PDFPDF

5. 電子申請について

電子申請を行うには、政府認証基盤GPKI(Government Public Key Infrastructure)と相互認証された認証機関から発行された電子証明書が必要となります。

電子申請の総合的なご案内は総務省電波利用電子申請・届出システム別ウィンドウで開きますをご覧ください。

6.提出先及びお問い合わせ先

〒060-8795  札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎

北海道総合通信局 無線通信部 陸上課

電話 : 011-709-2311 (内線4656)

  ※お問い合わせ時間は、土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く、8時30分から12時まで、13時から17時までです。

ファックス : 011-709-5541

アマチュア局に関することは、「アマチュア無線相談室」をご利用ください。
アマチュア無線手続きに必要な、各種様式のダウンロードができます。
パーソナル無線をお使いの方、新規に免許の取得を希望する方は、
「パーソナル無線に関する重要なお知らせ」別ウィンドウで開きますをご覧ください。

ページトップへ戻る