総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > 情報バリアフリー環境の整備 > みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.2.0

みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.2.0

 「みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker」(以下、「miChecker」という。)は、JIS X 8341-3:2016(高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ)に基づくウェブアクセシビリティ対応の取組を支援するために、総務省が開発し、提供するアクセシビリティ評価ツールです。その第一の目的は検証作業の支援です。加えて、付属文書等に沿って検証作業を行うことで、関連する知識の習得が可能です。

 このページでは、miChecker Ver.2.0 をダウンロードすることができます。miCheckerのダウンロードおよびインストールは、必ず以下の説明をよく参照した上で実施して下さい。

  1. お知らせ
  2. miCheckerの実行環境等
  3. ダウンロード・インストールの手順
  4. miCheckerのダウンロード
  5. miCheckerのソースコード入手方法
  6. 更新履歴

お知らせ

miCheckerの更新について
異常終了に対する修正等を含む更新をいたしました。詳細は更新履歴をご覧ください。
また、Windows 7のサポート終了に伴い、推奨実行環境も変更しております。
Oracle社Java無償提供終了に伴う対応について
平成31年(2019年)1月末にOracle社によるJava無償提供が終了となりました。それまではmiCheckerの推奨実行環境としてOracle社のJava 8 32bit版をご案内しておりましたが、各機関における様々な新たなご使用環境への対応を想定し、以下の対応をさせていただいております。
(ご使用のJava環境に関しましては、ご所属機関の情報システム担当へご確認ください。)
  • miCheker導入手順書の改訂
    下の「ダウンロード・インストールの手順」よりご確認ください。
    Java環境を変更する場合は新しい手順書をご確認ください。
  • Java 64bit版で動作可能な「miCheker 64bit版」の追加提供
    現在準備中です。ご提供までは新しい導入手順書に従って現在のバージョンのmiCheckerをご利用ください。

miCheckerの実行環境等

 miCheckerは、以下の実行環境でお使い頂くことができます。

 なお、miCheckerは平成28年3月1日時点の技術対応となっています。

  • OS:Windows 8.1,Windows 10
  • ブラウザ:Internet Explorer 11
  • メモリ:1GB以上(2GB以上を推奨)
  • ハードディスク空き容量:250MB以上(導入先フォルダにユーザーの書き込み権限が必要です)
  • Java実行環境:Java 32bit版 Version 8

ダウンロード・インストールの手順

 miChecker は、このページからダウンロードできる圧縮ファイルを展開して頂くことでお使い頂けます。ダウンロードおよびインストール手順の詳細については、次のmiChecker導入手順書を参照してください。
 miChecker導入手順書PDF

miCheckerのダウンロード

 総務省は、アクセシブルなウェブの普及を目的としてmiCheckerを無償公開しています。法令や公序良俗に違反しない様、留意の上でmiCheckerをご利用ください。なお、miCheckerに関する権利および免責事項などについては、miCheckerに付属の「3_利用条件.pdf」をご参照ください。

 以下のリンクをクリックすると、ダウンロードが開始されます。
 miChecker_v2 (zip形式圧縮ファイル、約52MB)

(同時にダウンロードできる人数に制約があります。もしダウンロードがうまくいかない場合は、しばらく時間をおいてから再度ダウンロードしてみてください。)

miCheckerのソースコード入手方法

 miCheckerのソースコードは、その機能・性能・品質の向上と、アクセシブルなウェブの普及を目的として、総務省よりEclipse Accessibility Tools Framework (ACTF) に寄贈され、一般に公開されると共に、継続的な改善が実施されています。以下のリンク先の開発手順書などを参考に、ソースコードの入手および開発環境の構築を実施してください。
 miCheckerの開発手順 (Eclipse ACTFプロジェクト) 別ウィンドウで開きます

 なお、miCheckerのソースコードは、 Eclipse Public License Version 1.0 (“EPL”) 別ウィンドウで開きます の下で公開されており、誰でも自由に入手し改変を加えることができますが、miCheckerのソースコードの利用目的が関連法令に違反しない様、留意してください。

更新履歴

【miChecker Ver.2.02における主な変更点】
  • CSS3で定められた文字サイズ・色の指定方法が用いられていた場合に、miCheckerが異常終了する問題への対応
【miChecker Ver.2.01における主な変更点】
  • Internet ExplorerにおいてActiveXフィルターが設定されている場合にmiCheckerが異常終了する問題への対応
【miChecker Ver.2.0における主な変更点】
  • HTML5 (W3C Recommendation 28 October 2014) への対応
  • JIS X 8341-3:2016への対応
  • 各種付属文書の更新

更新内容の詳細については、miCheckerに付属の「4_更新履歴.txt」をご参照ください。

権利表示について

  • MicrosoftおよびWindowsは Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。
  • JavaおよびすべてのJava関連の商標は Oracleやその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、各資料内に記載されている会社名、システム名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。なお、各ページ内では(TM)、(R)および(C)マークは省略しています。

ページトップへ戻る